給水タンクの塗装

 買ってから組んで無塗装で30年近く放置してあった、煉瓦積み給水タンクを塗装した。
なぜかエッチングの透かしマークの部品が1組しかなく、両面で違うのを貼っておいた。見えないだろう。

煉瓦色、タンクは緑、屋根は暗い赤に塗装した。
そのままだと単調すぎるので石積みの部分をグレーとし、煉瓦の目地にクリーム色を入れて拭き取ろうとした。
ところが濃すぎたのか薄め液を塗っても下地と混ざり合うのか、思うようにならない。
汚すのはエナメル系のほうが良さそうだ。

屋根は派手なのでパステルの白と黒を重ねたら落ち着いた。

煉瓦色も黒く赤みが足りないようなのでもう一度塗り直そうかと思う。
とりあえず当分は一旦はおしまいにしよう。

塗装の待ち時間に、DF50で旧客を引いて遊んだ。
やはり8両くらいは繋がないと面白くないなあ。

2019101901

| | コメント (0)

給水設備の製作

 2年前に製作した転車台のセクションが途中で放置していたので、整備している。
煉瓦積み給水タンクがあるが、炭台横に給水スポートを2時間ほどで製作した。

市販のパーツもあるが、旋盤でできそうなので挑戦してみる。
給水部のパイプをΦ2丸棒とし、下部のテーパー部、バルブと頂部のR部のジョイント部も旋盤で削りだした。

古い記事で、昭和50年ころまで京都駅山陰線ホームにあったものを参考にした。「山陰線ホームの思い出

寸法は適当に作ったので、基部はもう少し太いほうがよかったかなあと思う。
部品点数は7点である。

2019101801

ホースは、内径Φ2、外形3のパイプを肉厚0.2mm程度まで削り出し、ガスでなましたら偶然シワが出た。
木片に挟んで潰したら良い具合になる。

Dsc_2078
塗装をして、周りを濡れて泥濘んだようにしよう。
煉瓦積みタンクも塗装が残っている。

| | コメント (0)

雑務報告

 2号機も前部デッキまわりが終わり、補助水タンクに製作は別途報告するとして。

夜は寒いくらいで窓は閉めてが、涼しいので朝から庭の草刈りをした。
今春はサボったので9月は大変なことになって、3mくらいに伸びたものがあり、洗濯を干すのも厄介になってきていた。
10日ほどまえに一部刈り取って、すでに枯れて根もスルッと抜ける。

僅か6坪ほどであるが、いざ草を刈るとなると人力でも1時間ほど要する。
細かいのはそこそこに、長いものは根から抜いて、一箇所に山積みにし、踏みつけたら1m四方、高さ0.5mくらいに収まった。
もう少ししてから穴を掘って埋めることにしたい。
ライブスチームや庭園鉄道をやるとしたら、草やメンテナンスが大変だなあと思う。

やはり室内のほうが楽ちんである。

昨年、旋盤、フライスを導入してから工作エリアは広がる一方で、90cmから120cmに拡張したテーブルでもまだ狭い。
元々レイアウト室にあった雑誌や資料も普段使う部屋にあって、散らかし放題である。
機械や宅配のダンボールも片付けてスッキリしたい。

朝から一仕事して、一汗かいたら爽やかだ。

| | コメント (0)

5500のお輿入れ

 2年前にコッペルとお立ち台が知人宅にお輿入れした。
 正月の山口線撮影の際に、5500形式の話題で盛り上がり、この度、5500も移籍することになった。

1980年頃、珊瑚模型店の初期のキットと思われ、1982年ころに塗装して快調に走っていたのが懐かしい。
これをはじめにエッチング貨車を作ったり、古典車両に興味を持った。
およそ20年は走ることもなく飾り棚に陳列したままブレーキシューが未取り付けだったが、テンダーのシューは紛失したようだ。
 エンドビームをエナメル塗料で赤く塗っていたが、間違いが判明したので整備しシューを取付て下回りだけ塗装をしなおした。
上回りは何かと手間がかかるのでそのままとした。

レンガ庫のお立ち台もこのために仕立てたものなので、いっしょに旅立つことになる。

いよいよ、13mmの車両も少しずつ手放す。
自作した機関車や客車は手元に残すとして、すこしずつ整備していこう。

最後の記念撮影をしておいた。
すこし塗装の剥がれたところはタッチアップしておこう。

2019093001

| | コメント (0)

2019関西合運

 毎年恒例の関西合運(2019鉄道模型大集合IN OSAKA)へ参加してきました。
去年は泊まりで二日間でしたが、今回は通いで28,29日と行きましたが、蒸し暑く、立ちっぱなしだったので疲れました。

このイベントに合わせ、4110(美唄2号機)を完成に近づけ、展示しました。

4110は古くは「マイクロキャスト水野」の製品がありましたが、自作したことを気付かれたかたは少くなく、自作ということで労いの言葉をいただけたのでうれしく思いました。

また、昨年の石炭ホッパーに続く石炭ネタとして高架桟橋を展示できればよかったのですが、搬送の手段がなく断念しました。
春に作りかけて中断していた「カーダンパー」を前日夜に突貫工事でベアリングの架台を製作したので、見学された方が手で回して楽しんでいただけたようです。

私の知人は「カーダンパー」について知っている方が多いですが、石炭車に興味がある方でも「カーダンパー」の存在を知らない方も多くおられたようです。

「カーダンパー」の市販、プラスチック模型は海外のものが多く、室蘭、小樽のとは異なり、模型化された事例はほとんどなく、注目されたようです。
まだ動力化されていませんが、手で回せるのが面白く体験していただけたようです。

 「レンガ庫」のお立ち台は、背景を作っていったので、写真を撮られる方も多くありました。

後方の4110は「M」さんの水野製です。
あこがれの車両と並ぶことができました。

2019092901

カーダンパーは現地で撮影していなかったので、帰ってからの撮影です。

20190929022019092903
カーダンパーは各模型誌から取材があったので、いずれ誌上で紹介されることでしょう。

イベントも終わったので、著作の編集作業に入らなければなりません。

| | コメント (0)

木造石炭車の下回りー(22)

 バックプレートを、今まで作ったこともない工作で細かい作業に疲れた。

およそ一ヶ月前に発注したブレーキ装置のロスト部品が先週届いた。
今になって問題点が発覚して、やる気も失せていたが思い直して組んでみる。

今までの部品と違って、部品以外の湯口が占める割合が多く、細く繊細な箇所がある。
分離して細部を仕上げるの時間がかかる。
これで2軸車1両分、この3軸貨車は中間軸にブレーキ装置を持たないので同様だ。

2019091901
切り離し向かい合わせに並べたが、ちょっとここに問題点があるが、たぶん気づかれないと思う。
左右の吊り角度が微妙に違うように作ったが、よく考えたら対象型が必要なことに気付いた。
並べてもわからないくらいなので、このままで試すことにする。
 原型はシリコン型製作時にバラけて返却されたので、もう一度対象型を作ってもよいがコストが掛かる。
右端のは切り落とした湯口と補強部材である。

2019091902

いざ組み立てようとする空中戦では時間がかかる。
修正を繰り返しため、治具が必要と思うが1両分だけならよいか。

2019091903
30分ちかく格闘し、仮組みとした。
間隔が広いので引棒の長さを調節すれば良い。
実際には中梁から垂直てこを吊り下げる部品が必要で、一体とするのは強度の点で難しい。
3軸車用としたが、ワム1や3500、スム等の旧型貨車には使えるだろう。
使えることが確認できてホッとした。

| | コメント (0)

«4110の模型化ー(23)