削りだしでチャンネル材を製作する

 1ヶ月ほど13mmの話題が続き、「OJは作らんの」と指摘を受けそうだ。

機関車の話題も久しぶりだが、テンダーのフレームを製作する。
以前より、市販のチャンネルではなく、板材から削りだしでできないかと頭の中にある。
[-5.6x1.2(チャンネル)は市販のサイズでは存在しないし、角が甘いのと剛性がないので考えていた。
真鍮薄板で曲げる方法もあるが、角がきれいに出ないし実感的でない。

Φ7快削真鍮丸棒から削り出すことにした。

●フライスのサポートプレートにクランプで締め付け、およそ半分までけずり平面を出す。

2019061301

●反対側も平面をだし、幅を約6mmまで削る。
微調整しながら約5.7mmまで削り込んだ。
残留応力なのだろう、わずかに反り上がる。

2019061302

●2本目の最後の最後、底を0.1mm削り込んだら底が抜けてしまった。
やりなおしである。
1本目=2.5h
2本め=2.0h
3本目=1.5h

3本目は両面、両幅削ったところで気持ちが折れて、およそ6時間あまりかけて今日はおしまい。
次回にへ。

2019061303

Iビームは作れるかなあ。

| | コメント (2)

レイアウト改修を検討する

 現有蒸気の走行試験で、駅セクションの根本的問題点が再浮上した。
現状、これ以上13mmに新たな費用を掛けたくないが、走らせると面白さを再認識する。

先般、愛知の13mmレイアウトを見学して、浮気心が出てくる。
現在の十帖相当(京間)の部屋は約4900x3900のうち半分を線路が専有している。
計画当初は旧暗室があるため、現状の配置しか選択肢はなかった。
暗室を塗装ブースにしたが使用する機会は少ないし、何らかの拡張方法がないか検討を試みた。
暗室の2方の壁は外壁で、その他2方は構造的に何ら関わらないが、柱は天井を支えているので撤去できない。

とりあえず壁を撤去し、下地を外せば見通しもよく線路用地は大幅に拡大できる。
ただ、暗室にある流し台、水道蛇口は撤去できないしい、ある方が望ましい。
というわけで思い切った線路配置を考えてみた。
現状の最大有効長5両(機1+客4)を10両(機1+客9)まで拡張できることが確認できた。
2列車同時運転、リバースくらいはできそうである。

見学したレイアウトはレイアウト高さ=1200mmで、下をくぐるのも非常に楽である。
当方の改修案では高さ=1100mmを想定している。

ここで、フレキシブルレールの入手は難しいし、現行の外周レールをそのまま利用するか、新たに引き抜きレールをハンドスパイクすることになる。
自作線路を考えると、3~4年の製作期間が必要となるし、その間、OJの製作も滞ることになるだろう。

13mmの新規製作はしない方針であるし、新たな費用の発生は厳しい。
あまり現実的ではないが、もう少し見極めをして判断したい。
2019061101

| | コメント (0)

カーダンパーを妄想するー(4)

 何に手を付けようか迷いながら昼過ぎになってしまう。
結局これしかないが、厄介なしごとばかりになるので気が進まない。

リブにハンダを流し、かるくキサゲしょりしてから使いみちのないリベット2列のウインドシルを中央部に貼る。
脇にリベット打ったアングルを取り付けた。

熱で歪んだのだろう、ねじれがでてしまった。

201906081

| | コメント (0)

カーダンパーを妄想するー(3)

 久しぶりに朝から8時間ほど工作に集中した。
補強リブを16枚とランボードを作る。
柱は「H型鋼」だと思われるが、0.25の真鍮板にスジ堀して3x6.5のチャンネルを自作した。
先般、大先輩からいただいた真鍮板で、0.25mmが薄すぎず厚すぎずである。
ところが思ったより腰がなく、切り出すのに慎重を要する。
市販にないチャンネルも自作できそうだが、当然折が甘くなるのは仕方がない。

貨車がもたれかかる方は大きなリブが4枚+4枚で、重くなる。
柱のほうは内側に鐵の塊、クランパーが支持されるので柱周りは補強の筋交いがたくさん入る。
古い1mmアングルの端にリベットを打ってそれらしくしたが、ハンダ付けの熱で歪む。
まだ仮組状態なので適度にハンダ付けしてキサゲ処理が大変である。

明日はガーダーのようにトラスの入った下弦材を作ろう。

201906071

201906072   

 

| | コメント (0)

カーダンパーを妄想するー(2)

 M2ねじで仮組みする。
最終的には皿ネジで頭を沈め、前後面にアングルの付いた化粧板を貼り付ける。
リベットがいっぱいあるがどうしようか、アングルを円周上に曲げるなんてことができるんか。

カゴ状になったので、線路を敷くテーブルを4mmアングルとt=0.5で組んだ。
シフトするガイドレールをΦ2ドリルロッドを使い、Φ4真鍮丸棒にΦ2を貫通して通す。
柱と筋交いの通る構造が写真が少なく、構造がわかりにくいので想像で組みたい。
石炭車がもたれ支える側は⊿の大きいリブが4枚入ると思うので、薄板を使う。

石炭車が進入する、中心は左にずれている。

201906061

回転すると線路が右へシフトする。

201906062

とこんなイメージだろう。

底板の寸法が間違っているので修正しないと取り付けられない。

細かい仕事で進捗しないが、今日はここまで。

| | コメント (0)

カーダンパーを妄想するー(1)

 3,4日は古い9600原型2軸テンダーのロッドを作った。
自作の2つ目96にロッド類を転用したので足りない。
洋白ではうまく削れなかったので真鍮板で作る。
真鍮でも黒染すると落ち着いた調子になるので、こちらを選んだ。
とりあえずスルスルと転がるようになったので、後日つづきを製作したい。
分解時に上回りのハンダが外れたので、補修もしたい。

週末から図面を描くのに頭が一杯である。
数日、図面を描いては考えの繰り返しで、なんとか結論は出た。

カーダンパーの動き、ムーブメントを確かめよう。

直径7mの中心から230mmシフトして線路は進入する。
つまりカーダンパー内に石炭車が押し込まれ、230mmして回転する。

もうすこし正確には、回転しながら約5°でカムが外れ、石炭車の載る線路が230mm移動する。
同時に、上からクランパーが下がり石炭車の上部を押さえる。(p=5,200、4箇所)
クランパーはワイヤーでつられている(図では左)が、自身の重量で下がり石炭車の押さえる。
回転し、クランパーが緩まないよう、釣るのとは逆側(図では右)をワイヤーで引き締める。

石炭車の横は押さえられることはなく、シフトして下になる側の鋼板にもたれかかる。
およそ155°回転し、石炭を排出したあと元の位置に戻るが、クランパーが上昇し、カムに押され線路が230mm平行移動して戻る。

図をごらんいただきたい。
201906051

クランパーはワイヤーで吊られているがモーターで引き上げているのだろう。
反対側の締める側もモーターと想像するが、詳しい機構は不明である。

とりあえずt=0.5、0.8の真鍮板で切り出した。
20190605

さて、このムーブメントを模型でどのように実現できるだろう。
シフトするところは実物同様カムでできるだろうか。
クランパーの駆動する動力をどうするか。
一つだけアイデアがある。うまくいくかな。

この他にも石炭車を押し上げるミュールカーの実現方法は未解決である。

石炭車の押し込みと送り出しをできるのだろうか。
まだまだ未知数である。

| | コメント (0)

«オテセを妄想するー(11)