2023年1月29日 (日)

運転会へ

 今日は「京都トンネルクラブ」の定例運転会で太秦まで出かけた。
コロナ間もない2020年なので3年ぶり。

一旦、工作室へ話のネタするための材料を取りに出かけたが、途中の川の土手や細い道(東西方向)にはまだ雪が残っている。
道路の水たまりも凍結している。

工作室は寒く、2℃まで下がっており、ストーブを入れても30分で9℃までしか上がらず、早々に退却した。
昼前に西院で嵐電に乗り換え、太秦へ。
嵐電に乗るのも久しぶり。

20230129032023012902

運転会は走らせるものは持っていかなかったので、3年ぶりに会う会員諸氏と歓談するに終わった。
製作中の9600、木造洋風駅舎をごらんいただいた。

帰路、河原町で買い物のため少し早い目に退出して、中古ショップをのぞいた。
またユニトラックがあったが素通りし、沢山のジャンク車両があったので物色した。
古いギヤーボックスが入った袋もあったが、使うことがないだろうしこれも素通り。
サンゴの古典客車が格安だったので買った。同じものが押し入れに1両あるのでちょうどよい。

2023012901

客車以外は新品同様、AU76、小高TR-40、サガミモーター

モーターは古い棒型モーターの置き換えに使いたい。

明日は朝から工作室へ材料を戻し、今後の工作計画を考えたい。

| | コメント (0)

2023年1月18日 (水)

16番に戻す(逆改軌)

 年末から工作室には行ったがモチベーションは下がったままで1か月は工作していない。

先週末は市内の知人に会うため、西院から市バスに乗ったが、杖をついた高齢者が多かった。
そういう私も高齢だが、空席に座ったら高齢の女性が乗ってこられ席を譲った。そのあと座れぬうちに2度ほど。
三度空いたので座ったら、高齢夫婦お二人、奥方さまが「今までに空いてたのに」と言われたら仕方ないので譲った。
ご主人は申し訳なさそうに、頭を下げておられた。あまり違わない年齢だと思うが。
気が付いたら出町柳が済んで座ったが間もなく下車することになった。

 年始に挨拶状をいただいて、コロナ前に会って以来だから3年余りになる。
昨年亡くなった友人のことや、模型談義で時間が過ぎ、近日中に再開を約束した。

 もう25年もまえになるだろう、トミックスのEF81を出してきて逆改軌した。
13mmに改造して20年余り、自重が重くトップヘビーで脱線すると転覆、致命的に破損しそうでお座敷以外では走らせていない。
16番に戻すことにして、快削丸棒からパイプを削り出してスペーサとした。
1時間余り、作業は終わり走行も問題なかった。

 同時期に入手したタキ43000(4両)を牽く。
2023010800

同様にカトーのDD51も逆改軌の改造を終えた。
上左;トミックスEF81 下左;カトーDD51 右;軸抜き
2023010801
軸抜きがあるので、机上で気軽に作業ができる。
アリイのプラ客車(5両塗装済み)を牽いた。
車軸が鳴くようなので注油が必要だろう。

カトーのDE10は戻すのは難しそう。どのような構造だったのか思い出せない。

2023010802

昨日、中古ショップに寄ったら、古い鉄道模型社かキハユニ26が2000円だった。
ユニトラックR550が1本100円だったので1周半も買った。

R670=1周半
R550=2周
直線20本

C54(宮沢)、C62(カツミ)、EF81(トミックス)、DD51(カトー)
25系(アリイ)、20系(カツミ)、旧客(ナカセイ)、キハ81(カトー)

鉄道模型は走らせてこそ、楽しむものだと思う。
16番模型、気楽でよいなあ。仮設レイアウトでも作ろうか。
16番に逆戻りだ。

| | コメント (0)

2022年12月30日 (金)

ブレーキ装置を探るー(2)

 工作室へ来たが午前中は温まらず、工作は断念する。今年は無理ねえ。
住んでない家は冷え切ってしまい温度は上がらない。
今早朝、寒くて目覚め、暖房を入れた。

 実車の通りブレーキシューを作ると、動輪間で接触しそうなので、少しスリムに描きなおした。

第2動輪のシューはモーションプレートに支障するが、実物のように避けようとすると無理な角度になり避けようがない。
第3,4と同じものを使い、支障する個所は切断することとした。

2022123001
第1動輪は同じものとするか、別に製作するかはもう少し考えよう。

今年もあと1日、明日でおしまい。

| | コメント (0)

2022年12月28日 (水)

ブレーキ装置を探るー(1)

 家事があるので工作室へは行けない。

 ブレーキシューは注文したが在庫は無いようなので自作することにした。
初期の図面を見ると、第1、2動輪と3,4動輪とでは制輪子吊り(ハンガー)の向きが異なる。
また、原型では制輪子が大きいが、末期では小さくなっている。
2022122801
保存車を見ると、原型どおりの配列もある。
第2動輪のはモーションプレートがあるからだろう、元々向きが異なる。

いずれにしても2種左右で4個作らなければならない。
いや、厳密に言えば、第2動輪のは角度が異なるので、3種左右で6種必要か。

模型の場合、すべて同じものが使われているのではないだろうか。
S模型のプラ製は全て同じものだった。

自分で作るのだし、発注する際にどちらか選べばよいので特に困らないだろう。

| | コメント (0)

2022年12月27日 (火)

クロスヘッドを探る

 「探る」だけれど、本を出すわけではない。

25日は、久しぶりに撮影仲間とクリスマス昼食会のあと、写真アルバムを持ち寄って情報交換をした。
と言いながら私自身は1年あまり撮影に行ってないので、古い写真を何枚か印刷し持参した。
男が3人、パフェやパンケーキを食べたり、酒は無しである。

私自身も新しいカメラを入手し、各社のカメラ事情、最新のミラーレス機を見せてもらった。
もう一眼レフには戻れない。軽いのと、高感度性能、連写性能は格段に改善されている。

 昨日は工作室へ来たけれど寒く作業はできなかった。する気にならなかったというのが正確。
今日は久しぶりにCADで作図する。

9600のサイドロッド類は自作したが、クロスヘッドは入手できそうにない。
今後、「9900」「18900」の時に必要になるので各形式間で共用できないか検討している。

寸法的にはD51のを参考にしたが、あてにできない。
D52やC62等は概ね形状は同様のようだが、必ずしも同じとは言えない。
模型ではほとんどが供用されているが、実際は異なるようだ。

D50では、「9900」で登場時、D50昭和初期、末期で3種類ほどあり、末期には「結リンク」との連結方法がいくつかあるようだ。
「8620」「9600」は同形状と思われるが、C51では「結リンク」の結合方法が異なる。
4形式を共通化できないか、クロスヘッド本体と結リンク部を新規にロストを製作して、互換性をもたせられないか。
(右から、C51、9600、模型化図)

 2022122701
クロスヘッド、スライドバー、各左右2組製作しなければならない。
次はブレーキシューの図を描こう。

年内は工作もお休みにして、年が明けたら工作したい。

| | コメント (0)

2022年12月20日 (火)

9600を作るー(27)

 今日の工作室は、3.5℃だった。

なかなか工作に気持ちが向かないが、台車枠の下縁を薄く削る。
1.5mmを0.7mmまで削ぎ落とすつもりだったが、台車枠の厚さは一定でなく、さらに薄くなった個所ができた。
軸箱守控の下面の突起を削り落とし平面とした。
2022122001
 効果があるか、真鍮が光っているのでよくわからない。

台枠の四角に抜いてある窓部を薄くすると良いが歪がでるだろう。

恐れていたように、最後にエンドミルが噛みついて、痛めてしまったのであとで修復する。


2022122002

アドラーズネストのナットを、軸箱守控に植え込んだらそれらしく見える。

すでに0.8mm幅の帯板にリベットは打ってあったので台車枠上縁に貼った。

2022122003

何か少し細密になったような、自己満足である。

今年もあと10日で何日来られるだろうか。

 



| | コメント (0)

«9600を作るー(26)