« キハ28・幌枠 | トップページ | 客車、気動車の塗装 »

貨車部品・国鉄貨車のディテール

「ワ10000まだですか?」と言われそうですが、段取りがあるのでもう少しお待ちください。

図面や写真を探しているとこのようなものがあったので、ちょっと息抜きに。
およそ10年間、貨車区の資材倉庫で在庫や入庫管理、部品の手配をしていると珍しいものが入庫してきます。
片手間なので仕事を止める訳にいかないので、自分で運搬するときは都合の良い場所で仮置きして、光の向きに合わせて参考写真を撮っています。
撮影;1981~85年頃
場所;梅田貨車区吹田派出所(旧吹田貨車区)
●自動連結器(シリコン緩衝器)
ヨ8000形式用のシリコン緩衝器です。
重いのでフォークリフトで運搬します。
小さい車体の割りに枠が大きいです。(大枠といいます)
新品ではなく工場の予備品、つまり再生したもの。
連結器の磨耗箇所、ナックルは余盛して研磨されます。
ナックルピン、座金、コッターは新品に交換されています。
このあと臨検車庫で故障該当車のものと交換し、損品として配給車に載せ工場へ返却します。

L010104

●自動連結器(首振り)
トキ25000だったと記憶していますが、緩衝器は在姿のまま連結器頭部を交換しました。
記憶は曖昧ですが、交番検査で故障が判明し、臨検車庫で後日交換したのでしょう。
裏面(下側)しか見えませんが、下作用の錠上げがあり表に返すことができません。
緩衝器とはピンで結ばれていて、交換できるよう下側からピンを挿入したように思います。
抜け落ちないよう、太いボルトとピンで固定されています。
たぶん、それほど重くないので、二人で手でパレットに乗せたと思います。
もちろん100kg近くはあるでしょう。

L012829

L012830

●連結器(廃車発生品)
ワム60000やワラ1のものと推測します。
錆びているようで意外に黒いです。
手前の緩衝器のピッチは細かく、奥側は粗く枚数が少ない。
どちらもゴム緩衝器で、手前は「RD8」、奥は「RD2」と思われます。
このほかにも一般的な「50t輪バネ式(大枠)」や、大枠にRDゴム緩衝器を取り付けた「ゴム間座」などがありました。
因みにワム3500等古い形式は、コイルバネが2重に入っているものもあります。
ここに見えるのは「強化型」しか見えませんが、「在来型」というものがありました。
ナックルピンの太さ、長さが異なり、ナックルも互換性がありません。
磨耗したものは、1mmピッチで太いものに交換することができますが、磨耗しているようでなかなかオーバーサイズのものは入りません。
ナックルピンンが抜けないものもありました。
手前右側に「白○」が見えますが、連結器高さを測る基準、ポンチマークです。

19840729

●輪軸
残念ですが、短軸はありませんでした。
ワム60000、ワラ1などの廃車の際に発生したスクラップです。
ちょっと判りにくいですが、奥側のグループの車軸中央には白線が見えます。
幅200mmの白線ですが、ヨンサントウ(43-10)以降の2段リンク車の証である、N沓面輪軸に表記されています。たいていは汚れて目立ちません。
一番手前のスポークはまだ新しいタイヤなのか、その隣のものとは直径が大きく異なります。
タイヤの磨耗で連結器高さが変わるため、軸箱と担バネの間に座板(ライナ)をはさみ調整します。座板には40mm,20mm、10mm等あったように記憶しています。
バネ座には、0,15,30,45mmがありました。(2016/09/22訂正)
19840724
●担バネ
有蓋車のものなので、13種しかありません。
判りにくいですが、でバネの「+」「-」「○」固さ(摩擦)が区別されています。
バネ高さによる公差による区分などが標記されている。(2016/09/22)
古い表記では「±」というものもあったようです。時代によってかわります。

19840731
●KCシリンダー
普段このような状態で見ることはできません。
残念ながらK制御弁は外されています。
このようのいろいろな方向から見られるのは珍しい。
19840732

19840733

今から思えばブレーキバリや引棒なども並べて撮っておくべきでした。
まだ紹介しきれないものは、このページで追記することがあります。

・ヒ600形式の車軸研磨
・トキ25000の車軸交換(ジャッキアップ)
などもご紹介したいと思います。

追記)
自動連結器のバネには上記の他、「丙種引張摩擦装置」が存在した。
担ばね標記について、筆者の重大な認識間違えがあり訂正をした。
本記事についてはこのような標記がされているという程度に止めていただきたく思う。
担バネの種類、標記については別の機会に説明する。

|

« キハ28・幌枠 | トップページ | 客車、気動車の塗装 »

部品」カテゴリの記事

コメント

これは良いですね。
もちろん1/80ではここまで作れませんが、当方は実物の方も好きなので、うれしいです。

担バネのレタリングは、種類表示だったのですね、インレタにもそれらしい文字が入っているのですが、正しいのかどうか分からない割りに、目立つので悩ましい存在でした。形式毎に決まっているというわけですね?

輪軸の写真を見ていると、軸端がスケールの情景用パーツが欲しくなってきます。模型然とした、プレーン軸、ピボット軸の輪軸を、無蓋車の上に載せると興ざめですからね。もちろん、折角作るのなら、JM対応で、薄い車輪が良いです。エコーさん辺りが作ってくれると良いのですね。

「ワ10000まだですか?」とは言いません・・・
こんなのも大好きです。
このシリーズも楽しみですね。

PS
前回のコメントに記載した弊サイトのURLは、9月末で無くなる方でした。今回のが新しいサイトです。

投稿: 廣瀬 | 2016年9月22日 (木) 01時26分

廣瀬さん、こんばんは。
喜んでいただけると嬉しいです。

ブログをはじめて7年目に入りましたが、方向性が明確にできず長らく止まっていました。
皆さんの声援をバネに、本来やりたかった在り方が見えてきました。
何らかお役に立てると次の目標に向かって進めます。
遠慮なく要望や質問などして頂ければ、判る範囲でお答えしたいと思います。

担バネの標記もそうですが、現場でしか判らない事柄もあります。
私は事務屋でしたから専門外ですので限界もあります。
当時の資料も幾つかありますので、機会があればご覧いただけると思います。
URLの件、承知しました。

投稿: みつる | 2016年9月22日 (木) 02時44分

廣瀬さん
私の表現が至らず、バネ座、担バネの箇所に訂正を加えました。
担バネについては別の機会に詳しく説明しましょう。
標記も簡単に説明できるものではありませんので。

投稿: みつる | 2016年9月22日 (木) 08時24分

早速、加筆頂き恐縮です。

形式の違いだけで無く、時代による変遷、線区の特殊事情・・・ 様々な苦労が、標記や検修方法さまざまなバリエーションを生んで居ることでしょう! 実物研究を行いながら模型化を行うのは、それを悩むのが楽しみで無いと出来ません。しょっちゅう間違うのですが(笑)

投稿: 廣瀬 | 2016年9月23日 (金) 04時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貨車部品・国鉄貨車のディテール:

« キハ28・幌枠 | トップページ | 客車、気動車の塗装 »