« キヤ141 | トップページ | セキ6000(1)・外観 »

石炭車(セキ)

先般の遠出の反動か季節の変わり目だからか、週末は模型制作の意欲が湧かず半日昼寝をしてしまいました。
先に話題にしたセキ600も手すりなど細かい寸法を割り出すのに手間取り、参考にした古い鉄道資料の「オテセ10500(セキ600)」の図面をトレースした。
およそ一日余りで3面のうち2面まで仕上がった。
ところが何を勘違いしたか僅か数ミリ寸法が合わない。
図面も不鮮明で、薄い鉄板の両側にアングルと更に交差するアングルが重なり訳がわからない。
慎重に計算しなおしたら鉄板1枚の誤差があり、何とか修正した。斜めになっているため端数がでる。
あとは1面残すのみでこの図を元にセキ1、600とセキ1000の幾つかタイプをイラストに描いてみようと思う。

Seki60001

ところがこの図には台枠、つまり骨格だけしかない。
この3形式ともKCシリンダー(シリンダー径はちがう)のため、セキ3000などとは異なる。(KDシリンダー)
 ワ10000の項でも話題にしたように、新たに発掘した古い資料に各形式の、水平テコ、垂直テコの寸法が一覧になっていて、さすがにセキ1は載っていないが、それぞれ寸法が示されている。
先の図面トレースの際、各テコの関係この寸法からシリンダーの位置が推定できることに気付いたわけだ。詳細は後日あらためて解説したい。
昨年夏、そして今春に2度北海道へ訪問したのだけれど、なぜか南大夕張へは行っておらず今となってはセキ1000を撮影してなかったことが残念だ。
11月のお休みに無理して行けないことも無いが、そろそろ雪も降り出したようで来春まで我慢することにする。
 ところで10年以上前になるが、近江鉄道のセキ1を撮影したネガがあるのを思い出した。
色は悪いが何とか補正することができたのでお目に掛けよう。
 この形式は国鉄のセキ3000形式と同型ということだ。
細かく見ると車体の構造はセキ3000そのものだが、ハンドルは水平ハンドルで改造前と同じようだ。
さて、下回りも見てみると(セキ14,12)確かにKDシリンダーがついている。
ところが記憶には無いがもう1両(車番不明)はKCシリンダーが付いている。
なぜなのか?何らかの理由で二軸貨車のものを転用したのか。不明である。
もう少し詳細を記録しておけば良かった。
撮影場所;近江鉄道高宮駅構内
撮影日;2005年03月28日
●セキ14外観

N023930

●セキ12外観

N023933

●同・ハンドル
ブレーキはL型ハンドル
扉ハンドルは丸型

N023936

●同・KDシリンダー(空気ダメ)

N023934

●名板
昭和39年近江鉄道車両工場と表記

N023932

●台車・TR41系

N023931

●車番不明・KCシリンダー
扉開閉用レバーがよくわかる。

N023935

※この記事の写真は後日、別ページに移動することがあります。
形式別に整理のため。

|

« キヤ141 | トップページ | セキ6000(1)・外観 »

部品」カテゴリの記事

コメント

これはまた素晴らしいです。
大夕張のセキ1は、観光旅行のついで撮っただけなので、今考えるとモノ足らないです。床下は、夏草に遮られて撮れませんでした。台枠の上面の写真は撮ったはずです。探して、弊ブログにアップしましょう。
RMライブラリも、模型化には足りません。これまで、セキの模型化図面はRMMの1999年7月号p25のセキ3200~ぐらいしか無かったので、嬉しいです。この図面が完成すれば、セキ600などの製作に弾みがつきますね! 

投稿: 廣瀬 | 2016年10月27日 (木) 01時26分

お役にたてれば良いのですが、もう少々お待ちください。
南大夕張には81年に行っているのですが客車を主に撮っていてセキは何もないのです。
セキ1が残っていることさえ知りませんでした。
このときにセキ6000も撮れるチャンスだったのですが、客車の許可は得られたのですが入換の時間が迫り危険ということで無理でした。床下に潜るのは・・・。
昨夏は砂川のスユニと美唄東明駅、三笠を訪れましたが、やはり夏草が激しく思うように撮れていません。
今春は雪だったりで、移住しないといかんのかと・・・?
 セキ1、600も今まで注目してなかった雑誌記事に写真が発掘できたので、それらしいイラストで補強アングルのパターン、バラエティーを再現できればと思っています。当分、模型より図面トレースが忙しくなりそうで本末転倒ですわ。
旧号の鉄道資料ワム3500も不鮮明なのでトレースしなきゃと思うのですが、とにかく時間が掛かりそうで。
例えば原図だけじゃ足りないし、写真だけでも奥行きがつかめない、結局両方あってこそ生きるんですよね。
 昔の中尾豊さんの「TMSスタイルブック」や片野正巳さんの「陸蒸気からひかりまで」の様なものが必要なんでしょうか。
誰も描かないなら自分でやるしかないのかなあ。

投稿: みつる | 2016年10月27日 (木) 04時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/64399341

この記事へのトラックバック一覧です: 石炭車(セキ):

« キヤ141 | トップページ | セキ6000(1)・外観 »