« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

石炭ホッパーと付属設備の検討

 運転会に参加して、走るものはないけれども何だか欲しいなあという気持ちになります。
あまり凝りすぎると車両製作が滞ってしまうし、既存のセクションをうまく利用してできないか検討してみようと思う。
 小さいが車(2シーター)のトランクに乗せられるように検討してみた。
20年程前に小運転用の機関区セクションを作ろうとして、3度ほど改修して石炭ホッパーに落ち着いた。
 
●石炭ホッパーと機関庫
展示が目的だったのでポイント4本は手動式で、電動式に改造を要する。
機関庫手前は未定の敷地があるが、概ねバラストは敷き終わって右奥のホッパー裏の山が未着手となっている。
ホッパー下部構造はひのき角材とボール紙でコンクリートを表現しているが、上部構造はペーパークラフトの仮設バラックになっている。いずれ本格的な製作が必要でしょう。
2両×2線で、留置線は有効長7両×1線となっていて、ホッパー手前で機回しが可能です。
機関庫は以前に小運転用に完成したが、子供に壊されてペーパークラフト製の仮設となっています。

2017013101_2

ポイントtoポイントで運転するにも、遠方になると操作が難しいので、U字状の線路なら一人で操作できるのではいだろうか。
とまあ、検討図を描いてみた。
●検討図
2017013103
相対するセクションは「陸上高架桟橋」を想定したが、それぞれのセクションの高低差をどのように吸収するかが課題だ。
もう少し検討を要する。
車のトランクに乗らないと意味がないじゃないかあ~。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トンネルクラブの運転会

 29日の日曜は、太秦で京都トンネルクラブの運転会があり、「来ませんか」とお誘いがあったので参加しました。
鉄道模型をはじめて50年近く、運転会は中学校の鉄研くらいで未体験です。
 開始時間に合わせて伺うと早速、廣瀬さんと挨拶をして、「何か手伝いましょか」と声を掛けると簡単な説明で概ね線路の構成が理解できた。注意に従って部分部分で組立ました。
 廣瀬さんはというと、ヤード近辺の接続をされているので横から介助しながら1時間弱で組立もおわり、試運転も問題を解決し完了。
 一段落して、会員皆さん(14人くらい)に声を掛けて、顔合わせとご紹介をいただき自己紹介をしました。
どなたか、「この機会に改宗して12mmに参加してください」と冗談のような声が聞こえました。今更そういう訳にもいかず、紹介いただいた廣瀬さんには申し訳ないし。
 後ほど遠方からFさんが入室され、お互いの自己紹介などしました。
今回は私も含め、13mmグループは三名でした。
ほとんどが16.5mm、12mmグループという状況です。やはり13mm人口は少ないよう。
 何名か名刺の交換をして、著名な方々ばかりに緊張しました。
また、早速、客車の床下機器の質問などがあり、皆さんの反応は早かったようです。
 私は走らせる車両もなく、仕掛かり状態の3軸車を持参して、貨車、模型談義が続きました。
未発表の写真を持参し、ああだこうだと、あっという間の時間でした。
 さて、入会しませんかとのお誘いもあるので後日入会の手続きをお願いすることになるでしょう。
「京都トンネルクラブ」の皆さん、ありがとうございました。
質問のあった客車の件も昨日、伝言をお願いし、今日は少し時間ができました
 とまあ初めての体験で、長大なエンドレス、レイアウトは楽しそうだなと感じました。
自宅の仮設レイアウトもコンセプトも決まらず、一向に進む状況でもないし、旧作のローカル駅セクションも工作技術の問題で改修も難し居でしょう。
何らかの新しい方向性を模索することになりそう。
とりあえず、既存の300X900のセクション、数セットを整備して連結してみようと考えています。やはり北海道型になるのかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セラ200の模型化(5)

この週末は模型製作三昧だった。珍しく土曜の朝から製作する意欲があった。

先週はD51と二つ目96も快調に走るようになり、石炭ホッパーの線路を何往復かして楽しめた。
半年以上走っていないのにD51は止まることなく集電できるようだが、96の3軸テンダーはあまりよくない。車輪を交換したりでも改善しない。
D51のテンダーを繋ぐと問題なく走るので、3軸テンダーの軸受けに何らかの問題がありそうだ。もう35年も前の旧製品のものだし。
 今週はもうひとつ5軸の動軸の位相あわせに課題がある。
何度かいろいろ試したが40年も前のカワイ製動輪には車軸は甘くなり問題ありだ。
いくつか位相合わせ治具を考案したが決定打は無く、「汽車をつくる」さんのVブロックを参考にしたが、旋盤が無いので圧入には代替案が浮かばない。
 朝早く目覚めたので寝床のなかで考え、図面化し製作した。
●位相合わせ圧入治具
奥は以前製作したE10用台枠に新たに治具を使って組み立てたもの。
ダイキャスト地肌のは古いカワイ製動輪をばらしたもの。2017012203
1軸だけ残った古い宮沢製動輪、S模型店の動軸の組立て前と、左が製作した位相合わせ治具で、卓上バイスの間に落とし込んで圧入する。
 今回はフレも少なくなり、1発で位相も合致した。
僅かに引っかかる箇所があるが、概ね見通しがついた。
 一段落したので、セラ200の続きを製作する。
先週、床板と下回りを作り直し、床板に取り付けるように、開戸リンク装置もそれらしく取り付けた。そのためKDカプラーNo.8のボックスが当たり、調整が必要だ。
側梁はまだ取り付けていない。

2017012202

ブレーキ、開戸開放ハンドルの軸、踏み段も取り付けた。
あとは妻部の歯車箱とブレーキのリンク装置が残っている。
ブレーキ引き棒と三角形の軸受けが残っている。

2017012201

ブレーキハンドルはパーツが無いので、自分で切り抜いた。
軸受けはE模型店のホワイトメタル製に「brass_solder」さんを参考に鉛筆の芯をゴリゴリとしたらすべるように走った。
セキ1とつないで2両を96に引かせて遊んだ。

組立ての課題がいくつか判明したので、これで模型化を再検討したい。
さて量産になるか・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

D51形式(D51398)

名寄のキマロキ、D51形式D51398号機である。

ロータリー車の細部を撮影するのに訪問したので、D51の撮影にはあまり力を入れていないのか全てがそろっているわけではない。

撮影日;2007年10月
場所;名寄


●前部

P1080876

●外観

P1080862

●運転室

P1080863

P1080874

●密閉式運転室

P1080875

P1080813

●サイドビュー

P1080807

●運転室から前方を見る

P1080812

●テンダー前部上

P1080870

●テンダー上部、炭庫

P1080867

●テンダー後部

P1080810

もう一両作りたいなあ。
密閉運転室がちょっと手間・・・。
完結

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9600形式(59601)

今日は北海道型D51(半流;ナメクジ)の整備した。
古いニワ模型製の動輪だったがギヤーボックスが手に入らず自作したものの、調子はよくなかった。
12月に方南町のお店でボックスを入手し、交換したらピッタリ合った。
連結面間の問題で接触するのかドローバーを作り直し、少し延ばしたら調子よくなった。
試しに仮設レイアウトで走行したらカーブで先輪が接触するようだが、好調に一周できた。
バックゲージの問題でポイントは引っかかるようだ。
 標準型のD51は鷹取工場式集煙装置タイプで中断しているが、もう一両北海道型が欲しくなってきた。
二つ目キュウーロクも40年前(改軌済み)の動輪が不調で、交換したら調子よくなった。
そうなるともう一両自作したいなあと悪い虫が出てきた。
2007年、50歳の誕生日に北海道へ一人旅に訪問した際、名寄のキマロキ編成を撮影した。当日は快晴でコンデジだったが撮影結果は良好だった。

北海道型9600形式の59601号である。
特に説明はしないが、次回製作の参考にしたい。
撮影年;2007年10月
場所;名寄

●外観

P1080842

P1080841


●正面

P1080840

●サイドビュー

P1080804

●機関車前部サイド

P1080839

P1080844

●運転室後部から見る

P1080838

P1080845

●運転室

P1080846

P1080920

●発電機

P1080919

●テンダー

P1080837

P1080848

P1080836

完結

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シキ40-(2)

台枠部へ移る。

●台枠上面
前位から後位を見る。
左手前と右奥がシリンダー(被い)である。
右手前、左奥が空気ダメで、KDシリンダーである。

B024008

奥側(後位)を少し中心から外れると、配管の様子がよくわかる。
水平テコは隠れているが、手ブレーキから引棒と鎖が見える。

B025001

作業員が入換えの準備を始めたようで、撮影も急がなければならない。

B025007

●台枠下面(前位寄り)

B025003

●台枠下面中央寄り

B025004

●台枠下面中央
シリンダー周辺

B025006

●台枠下面・台車

B025005

完結

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シキ40-(1)

大物車のシキ40形式である。

車号;シキ54号車 
撮影日;1980年10月
車票を見ると「兵庫港」=>「吹田」=>「塚口」へ回送するようになっている。
塚口駅ということは「三菱電機・伊丹工場」なのだろうと思うが。
変圧器を積むのでしょう。
撮影当日は天候が悪く、雲がよく見える。
広角レンズのため歪、手ブレしているがご容赦願いたい。
昼間だがストロボを併用している。
B024001
●外観・前位

B024007

●後位
B024002
●妻・手ブレーキ

B024003

●サイド
リベットのゴツゴツ感が重々しい。

B024004

B024005

B024006

台枠部に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シキ70

大物車のシキ70形式である。

吹田へは度々交番検査で入区していた。
目立つ特徴は特に無い。
積荷を載せるためか、材木が敷かれて、ワイヤーもそのままになっている。
中央部が低床になっているため、台枠の間にシリンダーがあり、ピットからも見えない。
●外観(前位)

B005003

B069001

●外観(後位)
手ブレーキハンドル

B069002

●妻・手ブレーキ

B005001

●妻(前位)

B005006

●荷台上部
荷台には固定用の穴がランダムに開いている。

B005004

B005005

●台車(TR-41)

B005008

●台車下部
ブレーキ機構と台枠
B005007
完結

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シ1

シ1形式のシ8号である。

車号;シ8,9号車 尼崎駅常備(アルナ工機)
撮影日;1982年9月
用途はよくわからない。
当時すでに休車になっていたのか、このとき1度だけ実見した。
8号と9号の2両があったように思うが、8号だけしか撮影していない。
このあとアルナの専用線も無くなったので廃車されたのだと思う。
●外観
前位

B069004

●後位(手ブレーキハンドル)
B069005
●妻・手ブレーキ

B069008

●上面
中央部が低床で大物車の特徴がある。
床を塞いであるところがシリンダーのようだ。

B069009

●KCシリンダー

B069007

完結

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セラ200の模型化(4)

セラ200も細部を検証するとまだまだ見直しが必要なことがわかり中断、もう少し検討に時間がかかりそうだ。

とはいっても仕掛かりのままではいつまでも進まない。
現状のまま組み立てた。
上回りは概ね形になり、手ブレーキと開戸のハンドルが残っている。
下回りは台枠にあたる床板の端梁部を誤って切り落としてしまったのでもう一度作り直す必要がある。
中梁、横梁をどうするか、開戸のリンク装置を表現するのかまだまだ道は長い。
●3軸車の変態3兄弟

20170108

後ろは北海道形のD51ナメクジで、ギヤーBOXも交換して快調に走るようになった。
あと少し下回りのディテールが必要だ。
セキ600が完成したら北海道形のオンパレードだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テラ1

鉄製無蓋車のテラ1形式である。

車号; テラ34 名鉄局美濃赤坂駅常備
撮影日;1980年7月18日
交番検査で吹田へ来ることは珍しく撮影する機会も少なかった。
塗装は新しく艶があるが、塗装の斑や錆びのあとが目立つ。
石灰石積みにしては白い汚れも見られない。
●外観
B011002
●側ブレーキ
昭和30年代以降の新型車両の特徴である、側梁は車体幅一杯にあり、ブレーキ踏段は側梁から湾曲して取り付けられている。
B011003
●下回り・シリンダー側
走り装置、軸箱守は側梁ではなく、横梁間の「軸バコ守受」で支持されている。

B011004

●KCシリンダー(180mm)
B011005

●側ブレーキテコ軸受
B011006

B011008

●床下
ピット内、側ブレーキ側から前位を見る。

B011007

●車号
B011001

完結

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トキ23900

亜鉛塊積載専用のトキ23900形式である。

車号;トキ23925 金沢局黒部駅常備
撮影日;1982年8月17日
時々交番検査に入るのを見かけたが、この日は天候が悪く屋内も暗かった。
露出が不足気味で、ブロニー版でもシャドウ部に粒子の荒れが目立つ。
画像処理で判別できる程度に補正したがわかりにくい部分もあるがご容赦願いたい。
そのため下回りに撮影は断念したように思う。
●車体外観
トキ25000形式からの改造のようで、妻板はそのままでアオリ戸のヒンジ受部分はそのまま残っている。

B115001

B115003

●車体俯瞰
車体上部は4つに分割しドアが配置されている。
中央部の手すりの配置がわかる。

B115005

●妻部

B115004

B115006

●妻の内部
ドアを開けた状態。
引戸錠はワム80000形式用(強化型)を使用されている。
既設の妻と丸パイプで支持されている。
外部から水が浸入しないように溝が設けられている。
B114002
●中央部ドア
側柱受もそのまま残されている。

B114003

●中央部ドア内部
ドアを開くのに一人では重く、同僚に頼んだら皆が集まり記念撮影するのかと勘違いしたようだ。
ドアレールは中央部(外側)と妻端部(内側)が左右に敷かれている。
荷摺木は交換できるようにボルトで固定されているようだ。

B115007

B115008

下回りはトキ25000形式と同様と思われる。
車体外部色はトキと同じく赤3号だったように記憶している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹田貨車区の出来事-(5)

 新年になにか珍しいもの、いつかこの写真をお目にかけようと思案していた。

私にとっては、「畏れおおい」、「厳かな」というような存在であった。
詳しい日時は避けたいと思うが、お気づきの方は忘れられない出来事だろう。
在職した10年で、何度か遭遇している。
実際に稼動を見たのは1度と、この珍編成ではないだろうか。
他の列車を止めても走らせないといけない、「救援列車」である。
 吹田操車場には、「吹田第一機関区」「吹田第二機関区」「吹田貨車区」という運転施設があり、吹田第一機関区には「操重車」1両と「救援車」2両(他に代用2両)、吹田貨車区には「救援車」1両が配備されていた。(交番検査は非常に備えて通常通りに行われている)
この朝、どのように出勤したかの記憶は残っていない。
朝の点呼で概ね状況は把握していたが、「救援車」が出動するのではないかという雰囲気だった。
まもなく救援車の搭載品の確認をするというので、K検査掛を手伝ったように思う。
11時過ぎにDD13と車掌車1両、救援車1両が貨車区出区線(留置線)に設置された。
第一機関区の検修詰所前に見に行くと、「操重車」と「救援車」が留置されている。
この日は昼の入換えが始まる気配も無く、12時過ぎに出区するのではないかと推測し、昼食も食べずに信号場横でカメラを構えた。
●吹田貨車区から操車場へ向かう救援列車
前方から
DD13121
ヨ6587
オエ6176(吹貨)
スエ7115(吹一)
ワム65369
ワ10012
ソ87
チキ1145(控車)

よく見ると車掌車には何人か作業員が乗車している。
後方は少し切れているが操重車が黄色く見える。
吹田操車場構内へ向かう救援列車である。

198401

●救援列車後方
上に見える黄色い手すりは東海道下り本線で、出区線から操車場構内へ向かい、本線へ出発するのだろう。本線はこのDD13が牽いたのかは定かでない。
操重車にはチキ1145の控車にブームと吊り上げ器具が搭載されている。

198402

この日は、姫路に配置されていたソ160形式も出動したと後に知った。
 ひとつ余談であるが、ソ80形式の最大吊り上げ荷重は85tonであるが、ブームを最大に上げ、旋回半径を最小にした場合であって、「内ふところを確保」つまり旋回半径が大きくなると貨車1両程度を上げるのが限界であるそうだ。
機関車などは吊り上げるのは無理があって、現場で分解、解体されるのが通例である。
 別の転覆事故に立ち会ったが、貨車1両を吊り上げるために、ソ87が自走しながら定位置に着き、枕木を並べアウトリガーを設置、玉掛け(ワイヤーを取り付け)し吊り上げるには段取りと時間を要するのをみて、容易ではないと感じた。
またそのときの現場は緊張し、カメラを向けるられるような状況ではなかった。

本線を走行したのを見た方はあるのだろうが、話題にはならなかった。
いまどきのSNSなど一気に拡散されるのだろう。
あまり話題にしたくはない珍しい列車であるが、模型で再現されるのも後世に残す機会ではないだろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

吹田貨車区の出来事-(4)

あけましておめでとうございます。

2017年は、国鉄の民営化から30年を迎える。
私の退職は目前の1月末だったから、早いもので30年だ。

前回の話題と関連した写真が出てきたのでみていただこう。
●DE1028の入換え(1982年)
昼休み、乗務当直の2階廊下に上がると入換えの状況が良く見える。
吹田工場の入出区線の向こう側に通勤客車が止まっていて何れも2代目に変わっている。
背景の「○○ロープ」「○○建設」の建物も今は新しく建て変わっているようだ。

19850501

●入換中のDE
向こう側には通勤客車が留置されていて、電池職場の前には安全塔がある。(右側の黄色い螺旋)
花の左には電池が並べられている。
機関区のDD51やDE10に使用される鉛蓄電池(TRK15-12型)である。
機関車の電池のメンテナンスは吹田貨車区で担当していた。
毎年、50個近く新規に購入するのだけれど、入荷時は電解液は入っていないが重く、一人では運搬できなかった。
初夏に入荷するが辛い作業だった。
電池の電解液は比重の大きい「希硫酸」の20L入りで、ポリタンクがトラック1台200本近く、荷卸も厳しかった。作業服を洗濯すると穴が開くことも度々あった。

198501

次回は普段見られない場面をごらんいただけるよう準備している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »