« セラ200の模型化(5) | トップページ | 石炭ホッパーと付属設備の検討 »

トンネルクラブの運転会

 29日の日曜は、太秦で京都トンネルクラブの運転会があり、「来ませんか」とお誘いがあったので参加しました。
鉄道模型をはじめて50年近く、運転会は中学校の鉄研くらいで未体験です。
 開始時間に合わせて伺うと早速、廣瀬さんと挨拶をして、「何か手伝いましょか」と声を掛けると簡単な説明で概ね線路の構成が理解できた。注意に従って部分部分で組立ました。
 廣瀬さんはというと、ヤード近辺の接続をされているので横から介助しながら1時間弱で組立もおわり、試運転も問題を解決し完了。
 一段落して、会員皆さん(14人くらい)に声を掛けて、顔合わせとご紹介をいただき自己紹介をしました。
どなたか、「この機会に改宗して12mmに参加してください」と冗談のような声が聞こえました。今更そういう訳にもいかず、紹介いただいた廣瀬さんには申し訳ないし。
 後ほど遠方からFさんが入室され、お互いの自己紹介などしました。
今回は私も含め、13mmグループは三名でした。
ほとんどが16.5mm、12mmグループという状況です。やはり13mm人口は少ないよう。
 何名か名刺の交換をして、著名な方々ばかりに緊張しました。
また、早速、客車の床下機器の質問などがあり、皆さんの反応は早かったようです。
 私は走らせる車両もなく、仕掛かり状態の3軸車を持参して、貨車、模型談義が続きました。
未発表の写真を持参し、ああだこうだと、あっという間の時間でした。
 さて、入会しませんかとのお誘いもあるので後日入会の手続きをお願いすることになるでしょう。
「京都トンネルクラブ」の皆さん、ありがとうございました。
質問のあった客車の件も昨日、伝言をお願いし、今日は少し時間ができました
 とまあ初めての体験で、長大なエンドレス、レイアウトは楽しそうだなと感じました。
自宅の仮設レイアウトもコンセプトも決まらず、一向に進む状況でもないし、旧作のローカル駅セクションも工作技術の問題で改修も難し居でしょう。
何らかの新しい方向性を模索することになりそう。
とりあえず、既存の300X900のセクション、数セットを整備して連結してみようと考えています。やはり北海道型になるのかなあ。

|

« セラ200の模型化(5) | トップページ | 石炭ホッパーと付属設備の検討 »

模型」カテゴリの記事

コメント

お忙しい中を有り難うございました。
楽しい時間は、あっという間でしたね。写真も、もっと見たかったですね。実は私も持参していたのですが、忘れていました。なお、午後からもう一人JM会員が来ましたので
、4名参加でした(笑) まあ、12mmも似たようなモノでして、ほとんどが16.5mmの参加者でした。

投稿: 廣瀬 | 2017年2月 1日 (水) 00時21分

久しぶりに楽しい時間を過ごすことが、できました。
あんまり話に夢中になると、苦労して組み立てた線路が無駄になってしまいます。
ほどほどにしておかないといけませんなあ。
次回は走れるように準備します。

投稿: みつる | 2017年2月 1日 (水) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンネルクラブの運転会:

« セラ200の模型化(5) | トップページ | 石炭ホッパーと付属設備の検討 »