« スエ7115-(2) | トップページ | セラ200の模型化(6) »

スエ71の水平テコ補足

さて、客車ネタにコメントがあり、スエ71に注目されると思ってもいなかった。

35年前に撮影した写真が、だれかのために役立つと思うと、うれしいものである。
急遽写真からあれこれと創造をめぐらすと眠れなくなって、ついつい深入りしてしまう。
これもまた楽しいものだ。
 さて、ここの2枚の写真から切り取り、もう1枚補足写真を追加することにする。
●スエ7115
外観から見ると、手ブレーキの戻しバネは見当たらない。

Fig03

●スエ7140
良く見ると、戻しバネが装備されている。
良く見ると、鎖=>引き棒=>バネ(制動主管の下)に装備されている。

Fig02

●中央梁付近に装備されると考えられる戻しバネ(たぶん?)
台車はTR-40

Fig01_2

さて、製作されている「スエ7128」はどの機構に相当するのか疑問だ。
完成したら拝見したいものです。

|

« スエ7115-(2) | トップページ | セラ200の模型化(6) »

スエ71」カテゴリの記事

コメント

スエ7128(マニ7456)の手ブレーキ側の写真がなく、改造前の兄弟スエ74102(マニ7455)を参考にしていました。実際にはブレーキシリンダー側の反対側に手ブレーキの引棒とバネが付いていました。位置的にもブレーキシリンダーの水平テコが伸長しておらず、独立した水平テコと考えました。しかし、その水平テコの付き方について詳しく解説している書籍は探しきれず、モヤモヤしていたところに、みつる様のサイトを見つけて駆け込んでしまったのです。。。
ちなみに車両史編さん会の本で調べるとスエ7115がマニ7465、スエ7140がマニ7620という改造前の車番のようです。
オヤ3111を作成したくて床下の作成を進めていると今回の
手ブレーキ話題と同じく、ブレーキシリンダーと対角線側に手ブレーキが付いているので今回の第3の水平テコが大変参考になった次第です。しかも手ブレーキ引棒が通常の半分ぐらいで超短いのです。
またいろいろご教示いただけると助かります(模型作成力は恥ずかしいくらい下手です)。

投稿: 貨車区好き | 2017年3月24日 (金) 00時33分

次はオヤ31ですか、私は実車は知らないのでお役に立てるかわかりません。
あとオハフ33やオヤ61、オハ31などは未掲載なので何かの役に立てれば良いのですが。
 話は変わりますが、「鉄道省半田鉄道局の業務日誌」(タメさん/偏酋長)さんのブログでは旧型客車の下回りの工作をされています。一度ごらんになると参考になるでしょう。
私はこのように高度な工作はできませんが。

投稿: みつる | 2017年3月24日 (金) 21時08分

ご紹介いただいたブログは床下機器を作ったりすごいですね。有難うございました!情報量が多すぎて時間をかけて探さないとならないようです。
みつる様の他の記事に貨車がたくさんありますね。もともと客車よりも貨車好きなので、こちらも拝見させていただきます。大宮操で目撃したことのあるトキ23900が気になっています。。。

投稿: 貨車区好き | 2017年3月24日 (金) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/65053704

この記事へのトラックバック一覧です: スエ71の水平テコ補足:

« スエ7115-(2) | トップページ | セラ200の模型化(6) »