« ヨ2000-(1) | トップページ | ワフ35000 »

ヨ2000-(2)

下回りを見よう。

●KCシリンダーと発電機
発電機と車軸ベルトプーリーの関係がよくわかる。

B009009

B009001

B009003

●発電機

B009008

B009002

●連結器下部から車軸を見る。

B007007

●車掌室
室内は汚れていて、私服で座るのは遠慮したくなる。
天井から「八」の字型に下がっている紐が、車側発炎筒につながっている。
左隅に見える三角形の箱が灯油タンクである。
石炭式ダルマストーブを改造した石油ストーブである。
ダルマの右に見えるのが油調整弁である。
製造当初はストーブも無かったようで、可搬式の火鉢状のものを持ち込んでいたと聞いたことがある。倉庫の隅に捨てられているのを見た記憶があるが、撮影していなかった。
ストーブには数種類存在したが、機会をあらためて紹介したい。

B009006

完結

|

« ヨ2000-(1) | トップページ | ワフ35000 »

ヨ2000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/65146562

この記事へのトラックバック一覧です: ヨ2000-(2):

« ヨ2000-(1) | トップページ | ワフ35000 »