« 加悦鉄道・キハ101 | トップページ | D50(長野工)の整備 »

運転会

今年二度目の京都トンネルクラブの運転会に参加しました。

事前に長野工タイプのD50を用意しようと思っていたが、曲線通過に難があり断念し、叡電デナとE10の仕掛かりを持参して話のネタにした。
ということで今回も運転は不参加でしたが、模型や工作談義、加工のコツなどを教えていただいた。
16番だったが、C53やC52の作品では大盛り上がりした。
●レイアウト風景
もう撤収するころになって撮影したので車両は写っていないが、廣瀬さんのセキ20連やFさんのセラ20連など、石炭列車が行き違いが見られた。

2017052802

●MAXモデルの石炭車と九州型9600形式
残念ながらFさん持参の9600とC55は調子が悪いということで走行は見られなかったが、製作の苦労話など、参考になるお話を聞くことができた。

2017052801

お会いした方々にはお世話になりました。
次回までに私もC53を何とかしなけりゃなりません。
できるかなあ。

|

« 加悦鉄道・キハ101 | トップページ | D50(長野工)の整備 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運転会:

« 加悦鉄道・キハ101 | トップページ | D50(長野工)の整備 »