« C11(325) | トップページ | トラ35000 »

C11整備終了

土曜の早朝から日除け対策をして、塗装スペースも確保して剥離作業が始まった。

C11、オハ、オハフ61、スハ43、スハフ42、スロ51をシンナーに漬け込んだ。
日曜も早朝からC11のディテール追加を行う。
「三河のK.W.」さんから有用な情報をいただき迷ったが、時間の都合もあり僅かな追加工にとどめる。
よく見ると中村精密のC11には最初からデッキとキャブのステップが装備されていなかったのだろうか。
あまりに寂しいのでデッキは安達のパーツを使い、キャブは真鍮板から切り抜いた。

20170723

空気作用管も追加するか迷ったが、ちょうどよいリン青銅線がどこに仕舞ったか思い出せない。いくつかの写真を見ても目立たないので従来通り省略した。
ただこのナンバープレート、少し大きすぎるような。
昼すぎにD50のシリンダーとC11の塗装を終わり、夕刻から気温も下がり、冷房の部屋で組立と付属品を接着した。
ヘッドライトの処置も考えないといけない。
まだ、火室やブレーキシューの塗装が残るが概ね完了した。

2017072301


C11のギヤーはやはり思わしくない。一考の余地あり。
来週は客車の塗装準備に入ろう。

|

« C11(325) | トップページ | トラ35000 »

模型」カテゴリの記事

コメント

C11も良いですね~
残念ながら、只見・会津の現役時代は行けませんでしたが、和歌山線、倉吉線、阿仁合線などの現役C11を見たせいか、大好きな形式の一つです。当方はスパイクのキットで標津線風に作りました。空気作用管は付けましたが、手間の割りに銅錆色では目立たないので悩ましいですね。

投稿: 廣瀬 | 2017年7月24日 (月) 01時06分

あれもこれもつけたい、それほど時間は掛からないだろうとは思いますが、完成しないとも限りません。
走行状態がよくないのでギヤは別途換装します。
 番号はたまたま津山区でお召牽いたものですが、考証してません。瀬棚線あたりだと二つ目があるんですが・・・、きりない。
このキット、42年も掛かりました。
エッチングがノッペリしてます。
貴殿の作品の比べられると、恥ずかしいです。

投稿: みつる | 2017年7月24日 (月) 05時16分

タイトルの画像がさりげなく更新されていますね。
素晴らしい!

投稿: 三河のK.W. | 2017年7月24日 (月) 20時14分

三河のK.W. さん ありごとうございます。
そうなんです、残念ですが復活蒸気です。
この場所、豪雨でダムが決壊して水面が下がったのです。
ですから今はこの河原には降りられなくなり、このアングルでは撮れないのです。
今時、旧客編成が見られるなんて。
秋に行けるかなあ。

投稿: みつる | 2017年7月24日 (月) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/65571807

この記事へのトラックバック一覧です: C11整備終了:

« C11(325) | トップページ | トラ35000 »