« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

羽越本線

皆さんが合運でお楽しみの頃、友人とともに羽越本線で撮影しておりました。

C57180号機の撮影が主ですが、天候も良く特急「いなほ」や新潟色のキハ40も映えます。
2日間晴天で顔がヒリヒリして帰ってまいりました。
何だか黄金色の稲穂や、逆光に映える日本海を再現したくなります。
●酒田駅のC57180

C57180

●終着駅酒田はもうすぐ

C571801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野村(加古川線)

川西池田、篠山、谷川を経由して加古川線に乗車し、野村駅で次の列車を待ったのだろう。

構内は広くはないが、ポイントも多く側線が数本ある。
宮脇先生の「国鉄全線各駅停車」を見ると、
①上り本線
  中線
②下り本線
③上下副本線(鍛冶屋線)
  側線
  側線
と、なかなか沢山の線路がある。
模型的には作りやすそうであるが、客車編成には短く、実物通り気動車にお似合いである。
●加古川方面
左から①番、中、②番、③番、側線である。

L002508

古枕木の柵が規則正しく並んでいる。

L002510

●谷川方面

L002506

L002509


| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西池田(福知山線)

引続き福知山線の話題をご紹介しよう。

当時はレイアウトモデリングの摂津鉄道がよく知られ、古いTMSでも紹介されている。
 谷川と同じ日、大阪駅から7時台の客車列車に乗った。
途中、特急「まつかぜ」を撮影、川西池田で退避した間に撮影したのだろう。
時間の制約から、僅かしか撮影していない。
注)
写真編集をしているPhotoshp画面から変換すると、ブログの写真が劣化しているようです。(シャドウが潰れる)以前から時々発生していて、何が原因なのか、やはり紙焼きで見るほうが良いのでしょう。画像を入換えることがあります。
●駅本屋、信号てこ
ローカル線の腕木信号機には切り離せない設備である。
温暖な地域のため、ワイヤーはホーム下から地面を這い信号機へつながる。
先般、北海道の保存されている設備を見ると、地上から雪を避けて高い位置にあるのが見られた。

L002208

●上下渡り線から宝塚方面
下り本線大阪側から駅本屋と跨線橋を見る。

L002204

●ポイントの連動装置

L002207_2

●大阪方パノラマ
厳密には立ち位置が異なり、完璧な合成とはいえない。
こんな雰囲気です。
ク5000なんかも居たのでしょう。

Kawanishiikeda

完結

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷川(福知山線)

まだ16番で同じような駅セクションをスパイクし始めた頃で、「シーナリーガイド」などをめくりながら妄想していた。
路線としては高山線をイメージし、気動車急行が停まる駅だった。
当時は線路配線図などあるわけでもなく、妄想である。
 昭和50年の3月だったと思う。
日曜日に思い立ったように大阪駅から各駅停車で福知山線に乗った。
まずは川西池田駅で構内の写真を撮った。
次の列車で武田尾あたりの車窓風景を見ながら篠山駅停車、しばらくの時間待ち。
DF50の引くローカル客車の雰囲気に浸りながら谷川駅に降りた。
谷川駅は「シーナリーガイド」に「駅をレイアウトする」記事に1枚の写真が出ている。
この駅が作りたいと思ったわけではないが、この訪問でひとつのイメージができたのだと思う。
古い写真で傷やほこり等があるがご容赦ください。
●谷川駅前
国鉄ローカル駅にお決まりの「郵便ポスト」、「電話ボックス」、「松の植え込み」が見られる。
電話ボックスはすでに新しいものに置き換えられている。

L002233

●加古川線ホーム、貨物側線

L002228

●福知山方面
DF50の旧型客車列車(6両)が行く。
右端の線路際には植え込みや古枕木の柵が見える。

L002231

●跨線橋
福知山側の中ほどにレール組みの跨線橋である。

L002230_2

●駅舎から篠山方面うを見る

L002504

既存のセクションでは有効長が短く、最大5両である。
あと2両くらい延長したいが、そうなると新規に作り直したほうが良いように思う。
 理想としては芸備線三次駅が好ましいが、大きすぎるし。
あまり時間を掛けたくないので、現状で進めていくべきかと考える。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

レイアウトの整備

昨夏に仮設レイアウトを設置したものの、37年も前の駅セクションは調子が悪く、放置状態である。

台風が来て外にも出られないので、何かやってみようと考えてみたところ。
「三河高原鉄道」さんのホームページで線路の話題見て、思いついたようにセクションの整備をしてみた。
 1980年の秋に3カ月ほどで枕木を敷き、ウェザードレールをスパイクしたがバックゲージがいい加減で精度が悪く、蒸気群は入線できなかった。
KATOのDD51やキハ58はそれなりに走ってくれる。

●35年前から温めていた部品
PEMPのポイント矢羽標識、エコーのだるま転換器、津川の腕木信号機である。

20170918_layout03

●バックゲージ冶具

20170918_layout02

 手元に照明を灯し、ハズキルーペを掛けて古いスパイクを抜こうと思うが錆びて抜けない。
枕木を痛めてしまったが、7個の分岐器のクロッシング部のガイドレールを移動して調整する。
写真のようなバックゲージを測る冶具を作って、バックゲージ=11.3mmで調整した。
全体的に精度が悪いがとりあえずこれで何とかなりそうだ。
7組×2か所=14か所調整に半日を要した。

長野D51、二つ目9600もスムーズに通過したが、セラ200やトキ900の3軸車は不安定で、直線部のレールジョイント部の再調整が必要である。
また、1番線(上り本線)、3番線(下り本線)が配線に問題があり通電しない。
2番線(上下本線;中線)直線で良好、4番線(下り副本線)はカーブが小さいが、D50も入線することができた。配線は後日にゆっくり調整したい。
●西日が美しかった。
全長縮小、有効長確保など3回改修し、パッチワーク状態の線路パネルである。
左から貨物ホーム、上り本線の9600と中線のD50貨物

20170918_layout01

今週末は関西合運で皆さんお楽しみのようだが、私は別件のお誘いで遠征である。あらためて報告しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »