« 羽越本線 | トップページ | レイアウト進捗報告 »

ソ80-(5)・補足

先般、ソ80形式を紹介した際に多くのコメントをいただき、非常に感謝しております。撮影した当時のことは覚えているとは言え、当該形式について詳細に知っているわけではなく、記録した範囲でのみお伝えする程度の情報しか持ち合わせていない。

いつもコメントいただく「貨車区好き」さんには詳細な調査をされており、私など教えて頂くことが多い。
 今回、「解放テコ」さんから新たなご質問をいただたいが、お答えできる情報を持ち合わせておらずはずかしい限りである。
何度かキャッチボールをする中で、いくつかのヒントをいただき、少しずつ推測してみた。
注)
既知の情報から推測したものであり、保証できるものではない。
●ソ87のブレーキ梁(再掲)
以前紹介済みの写真とともに、次の図を確認いただきたい。
ブレーキシリンダは形式図から「KD254x300」である。
[A]は制輪子を一定の角度で摺動するガイドか。?
[B]はシリンダーに繋がるのではないか。?
ブレ-キ梁を支える制輪子釣り

So80007

●Fig.-1 台枠-台車の概念図
ブレーキ梁、テコノ形状は実際と異なり、概念を示すものである。
製造グループにより、台車、台枠の形状が異なる。
So80005
●ブレーキ機構の概念図
ブレーキシリンダの位置は推定である。
押し、引きを縦テコで反転している。
ブレーキが設置されているのは、3軸のうち2軸、片抱き式、すなわち4軸である。
実際には固定端の状況は確認できていない。

So80006

●参考、シキ180のブレーキ概念図
ブレーキ機構が比較的に似ているように思われる。
「鉄道模型趣味」誌、1999年1月号で掲載されたものを修正した。

18000

●その他
ブレーキ機構も未知の部分があるが、製造グループにより差異がいくつか見られる。
詳細を論ずるのは避けるが、
・イコライザーの位置が形式図と異なる。
・台車形状の違い。
・その他
機会があれば、別項で論じたい。
なお、ご覧の皆さんからも矛盾点や新しい情報等、遠慮なくご指摘ください。
少しでも実際に近い結論を導き出せればと考えております。
久しぶりに気分が高揚し、熱中したというのが本心であります。

|

« 羽越本線 | トップページ | レイアウト進捗報告 »

ソ80」カテゴリの記事

コメント

早速の御高察、恐れ入ります。
自動連結器を、わざわざ座付を用いる意味:裏にブレーキシリンダーを入れるから、長さのある緩衝器を入れられない。
活テコ端、ブレーキ引き棒取り付け部が1、2位、3、4位端部を向いている。
以上からブレーキシリンダーの取り付け位置は連結器裏と消去法で推定される。
納得です。
台車内に装架されることも案としては除外出来ないと思います。
願わくは、「私、見ました知ってます!」と言う方のご登場を期待するか、どこかにVC図面が有ること、閲覧出来る事ですね!
夜分遅くまで有難うございました。

投稿: 解放テコ | 2017年10月 1日 (日) 01時19分

解放テコ さんのおかげで、楽しい思いをさせていただきました。感謝です。
 座付き連結器ですが、私はスペースのことは考えていなかったのです。
「50ton輪ばね」や「RDゴム間座」というのが一般的ですが、スペース(後者は短くなる)もですが、台枠下から持ち上げて下部で支えるということになります。
更に端梁に開口が必要な訳で、そのような理由から座付きかなと。
また長編成、重量列車でもないし振動動揺、乗り心地も考慮の必要もないのではないかと。
 当然、交番検査時にはシリンダーのストロークを確認(規定以下にブレーキテコを調整)し、連結器の緩衝器の目視も伴います。
狭いスペースに入るのも現実的ではありません。(座付き連結器も裏側にバネの突起があるようですが)
「解放テコ」さんの指摘で、「そうだなあ」とあらためて納得した次第です。
いやはや、「ご名答!!」と言わねばなりません。
今後、これを機会に何らかの情報を期待したいと思います。
もう少し、尾を引きそうですね。

投稿: みつる | 2017年10月 1日 (日) 11時07分

再三に亘りご対応有り難うございます。
ソ80のボルスタ及びセンターピンは、第二車輪と第三車輪間に有りますよね。
と言うことは、台車回転半径は、第一、第二車輪側が大きく、もし連結器裏にブレーキシリンダーが有るとしたら、ブレーキシリンダーからの最初のテコより台車の活テコに至る引き棒の左右動が大きすぎて追従出来ないのでは無いかと想像しました。
台車内にブレーキシリンダーを装架すれば、ブレーキシリンダーと引き棒は最短距離で良く、またブレーキシリンダーは、ブレーキ管とをフレキシブルなゴムホースで繫ぐことで済み、スマートかなと考察しました。
またまたしつこくて済みませんでした。

投稿: 解放テコ | 2017年10月 1日 (日) 18時50分

確かに仰るとおりですね。
私は中心ピンの位置を疑問に思っていて、知らなかったのですが、そうなりますね。
台車に装架するというのは確かに合理的なのですが、他に探しても前例がないように思います。
機関車のテンダーにしても、多軸ボギーにしても見かけないように思います。
それと、シリンダーが動くということは「KD」タイプ特有の事情、つまり「制御弁、空気だめ」-「シリンダー」間の配管を可動継ぎ手にしなければなりません。
シキなどでは専用のゴムホースを継ぎ手で接続しています。
 中心ピンと関連しますが、これだけの重量を中心ピンでは負担できないので、側受けが複数必要になります。
その構造がどうなっているのかも知りたいものです。
模型の場合は必要ないですが、首を振るのは関係してきますね。
もう少し配管を吟味してみましょう。
なお、空気配管も明らかにして図にできれば良いですね。
いやいや、まだまだ興味は尽きませんわ。

投稿: みつる | 2017年10月 1日 (日) 19時39分

解放テコ さん
さらに判明しました。
結論から言いますと
・シリンダーは台車前部(①⑥軸上)に装架されている。丸い2重円
・KD制御弁、空気だめは同様に台車側面に装架しているように見える。
 シリンダーですが、以下に見えています。
「ソ80-(4)」の「●後部連結器」の1枚目中央(ピットから見た連結器)
http://maine38.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-1ded.html
同じく「●前部アウトリガ」の空気だめの取り付けステーが右方向延びています。接続先は?
アウトリガを開くと見えるんですが、残念です。
図面を描いてみると判明するかもしれません。
とりあえずここまで。

投稿: みつる | 2017年10月 1日 (日) 20時12分

例がありました。
連投お許し願います。
実は、多軸台車を検索して見ておりましたら、ソ300の台車に行き着きまして、何とそれが台車装架でした。
ご存知の通り、ソ300は、太い橋梁状の梁のみで普通の台枠が有りません。
幸い、台車と梁の空間が空いており分かり易い画像も有りました。
これならばと納得した次第です。

投稿: 解放テコ | 2017年10月 1日 (日) 20時16分

これで納得ですね。
勉強になりました。

投稿: みつる | 2017年10月 1日 (日) 20時48分

こちらこそお騒がせ致しました。
お手数お掛け致しましたm(_ _)m

投稿: 解放テコ | 2017年10月 1日 (日) 21時19分

ご無沙汰しております。最近忙しくコメントできませんでした。ちらっと拝見しましたらソ80の興味深いコメントが!!私も気になっていましたが、台枠の坂になっているところに4点リベットなどが見受けられ、ブレーキシリンダを内部で吊り下げているのかなと思ってスルーしていました。ただ謎なのは、空気だめ後方からシリンダへの配管位置を考えますと、シリンダの向きが皆さまの推測と反対になってしまいます。北海道のソ81号を見学すれば解決するのですが遠いですね。

投稿: 貨車区好き | 2017年10月 3日 (火) 03時55分

みつる様
貨車区好き様
お騒がせ致しております。
ブレーキシリンダーの向きについては、以下に考察しています。
先にみつる様が見つけて頂いたブレーキシリンダーの背面が写った写真を明るくして、コントラストを加減しますと、ブレーキシリンダー左右に縦テコらしき姿が見えます。
よって、EF58のスノープロウ可動装置のテコや、TR65、TR217、TR230の様に、活テコの作用方向にブレーキシリンダーの作用方向を逆転させて居るのかと考えました。
何はともあれ、貨車区好き様の仰る通り、ソ81を見てくるのが最善の解決ですね(;^_^A

投稿: 解放テコ | 2017年10月 3日 (火) 07時05分

貨車区好き さん
解放テコ さん
ありがとうございます。
皆さんの知りえる限りの情報で明らかになりますね。
私なりにもう少し整理し、図式化して掲示したいと考えています。
 やはり北海道へ行くしかないか。
閉館間際しか日程調整できそうにないし、もう少し検討してみます。いずれにしても情報整理が先決です。
もう少しお時間ください。
どしどし、思い付きでも結構ですので発信願います。

投稿: みつる | 2017年10月 3日 (火) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/65857633

この記事へのトラックバック一覧です: ソ80-(5)・補足:

« 羽越本線 | トップページ | レイアウト進捗報告 »