« ソ80-(5)・補足 | トップページ | レイアウト進捗(10/5) »

レイアウト進捗報告

10月に入り、休暇もあと半月と残り少なくなってきた。
来るべき時が来るわけである。

 昨日はいつも通り、早朝から自転車で右京の里~洛西ニュータウン~大原野方面へ全力で駆け上がり、善峰寺~と下ってきたら何か違和感を感じてまもなくパンクに気付いた。
幸い自宅まで徒歩で30分ほどで無時にたどり着いた。思わぬ失態である。
 家庭の用事もあり午前中は慌しく済ませ、午後から一息できそうである。
一昨日、書棚を探すと古いレイアウト制作のメモが出てきた。
中学3年の美術の課題が描いてあるので、その当時のスケッチブックであろう。
いくつかのレイアウトプランが描かれ、狭い四帖に詰め込まれている。
記憶はほとんど無く、実現もしていない。
昭和48年(1973年)だから、高校に入って間もないころ、パンクした自転車と同年である。
●古いレイアウトプラン
どう見てもカーブは小さいし、分岐器は現実的ではない。
行程も分解して記されている。

20171001001

他にも、製作途中の16番駅セクションのプランと、デュアルキャブコントロール、ギャップの検討がいくつか記されている。
ちょうど、「レイアウトモデリング」が1973年であるから多分に影響を受けているのだろう。
●13mm駅セクションの絵コンテ
時代は更に進み、1980年頃(昭和55年)だろう。
先般ご覧いただいた写真とは逆の目線である。
左に支線、灰落としピット、給水スポート、保線用線路、安全側線など、「レイアウトテクニック」「シーナリーガイド」の影響を受けている。
ここで今までの記憶と異なるのは、ホーム中央の「跨線橋」の位置、向きである。
最近までは、ホーム手前に位置すると考えていたので、再考の余地がある。
原点に戻すか、谷川駅の影響も受けていたのであろう。

20171001002

2010100201

昨日からは少し地面の手入れをした。
今朝は雨なので地面の続きを進めているところで材料が無くなってしまった。
明日は京都ボークスへでも仕入れに行かなければならない。

2010100202

とりあえずここまでご報告しよう。

|

« ソ80-(5)・補足 | トップページ | レイアウト進捗(10/5) »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/65859524

この記事へのトラックバック一覧です: レイアウト進捗報告:

« ソ80-(5)・補足 | トップページ | レイアウト進捗(10/5) »