« レイアウト進捗(10/12) | トップページ | 45年前のランドナー »

生垣の検討

古枕木の柵を設置してみたが、単調になるように思う。

前出の谷川駅の例では、詳細にはわからないが、駅端部側には生垣が見られる。
 某量販店のレイアウト用品を探してみたが品揃えが少なく、思うようなものが見当たらない。
そこでレイアウトテクニックを見るとスポンジにパウダーで表現されていることがわかった。
思いついたように、廃棄する電源コード(36芯か)の被覆を剥いて、端部を半田付けして、適当な長さに切断する。
昔、カラマツの林を表現するため銅より線の束で作ったのを思い出す。
●銅より線を半田付け

2017101301

●生垣のビフォーアフター(仮置き)
ちょっと思っていた生垣と異なるが、剪定が必要だがそれらしくなりそう。

2017101302

●吹田貨車区構内のツツジ
生垣ではないが、毎年5月頃になるとツツジが咲き、華やかだった。
年に何度か、Y検査長が大きな剪定ばさみで綺麗に刈って居られたのを思い出した。

Suita_198205

ツツジにすると5月、初夏になってしまう、晩秋か。
もう少し調査、計画が必要である。

|

« レイアウト進捗(10/12) | トップページ | 45年前のランドナー »

模型」カテゴリの記事

コメント

お誕生日おめでとうございます!60歳節目の年ですね。これからお素晴らしい情報発信をよろしくお願い申し上げます。
レイアウトもされているようで参考になります。生垣や枕木の柵もいい感じですね。小さなジオラマみたいなものに挑戦してみたいです。ツツジとDE11の朱色が重なっていい感じです。今日は鉄道記念日のようです。あちこちちでイベントが開催されるようですが、隅田川駅のイベントには行きたかったのですが残念ながら。

投稿: 貨車区好き | 2017年10月14日 (土) 15時21分

ありがとうございます。
おっと、鉄道記念日でしたね、最近は休日にイベントが実施される関係か、14日限らないようで忘れておりました。
というより結婚記念日でして28年です。
私+家族+結婚記念日と三日連続で忘れようがないんですが。
 レイアウトと言えるかどうか、35年も前に敷いた線路で、2度の改修(縮小)でパッチワーク状態になっております。本日、1番~4番まで配線を改修して入線可能になりました。13mmとはいえ、独自の規格で全てが走れるかどうかは保証がないのです。
 鉄道の方は盆栽や庭いじりが好きな方がおられます。 「ツツジ」の他、「藤」や「野菊」バージョンもありまして、またお目に掛けましょう。

投稿: みつる | 2017年10月14日 (土) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/65912807

この記事へのトラックバック一覧です: 生垣の検討:

« レイアウト進捗(10/12) | トップページ | 45年前のランドナー »