« リベット打ち出しー(2) | トップページ | 京都文化博物館(シアター) »

リベット打ち出しー(3)

今日は珍しく朝から作業、前回の問題点を修正するために新たにダイを作り直した。

Φ0.3はチャックが保持できなくて、Φ0.4とした。
アングルでは板厚がうすいこともあり、押さえる力加減がことなり注意が必要である。
アングルが通るスリットの淵がリベットに影響するようで、これとは別に平板用を作らなければならない。
 
ダイを受けるΦ30の丸棒は、友人の工場でベースプレートと共に加工し、近いうちに組み立てたい。

2018010701

この話題は一旦置いて、車両の工作に戻ることにしよう。

※1/8補足

何人かの方からリベット打ちに関して、アドバイス、ご指摘がありました。ありがとうございます。
確かにご指摘の内容は承知していますが、当方の環境、技量でこれ以上の精度を求めるのはハードルが高いと自分なりに判断しました。
 あらぬ方向へ向かっている等、ご指摘があれば遠慮なくコメントいただいて結構です。
炎上しないことを祈っていますが・・・。(そのようなことが無いよう)

よろしくご指導ください。
何か発展があればあらためて報告します。(管理人「みつる」補足)

|

« リベット打ち出しー(2) | トップページ | 京都文化博物館(シアター) »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リベット打ち出しー(3):

« リベット打ち出しー(2) | トップページ | 京都文化博物館(シアター) »