« 木造貨車の隅柱 | トップページ | D51(ナメクジ北海道型)の整備-(1) »

父の遺したもの(機材)

昨日は暖かく、朝から京都駅まで、向日町駅までの往復は汗をかくほどだった。

今日は朝からコーナンへ「ツーバイフォー材」を買いに出かけ、庭で材木の切断穴あけ作業を行った。
 先日、旋盤の見積もりをB社にお願いしたら「販売を中止しました」と回答があった。
もう一社も小さいものは在庫がなく、思案した。
 先輩方のアドバイスもあり、寿貿易の「FL350E」を手配し、近い時期に届くだろうと思う。
そんな訳で、窓際の作業台の場所を空け、旋盤を置くスペースを確保した。
 ツーバイフォー材に15mm厚の合板(今は9mmを仮置き)を乗せ、固定する予定である。奥側の足は転倒防止のため、壁にねじ止めした。
スペースを効率良く利用しようと、旋盤台の下に材料棚を押し込めるよう寸法を決めた。
移動に伴い、引き出しを開けてみると色々な機材、工具類が出てきた。
存在は知っていたが、これほど出てくるとは考えもしなかった。
2013年に父が亡くなり、私も2012年に網膜剥離になって、機械工作などすることもないだろうと、いずれなんらか処分するつもりだった。
 
昨年末にスクラッチビルダーの先輩のお誘いもあるが、旋盤までやるとは、夢のような話である。

20180119

父の遺したのはこれが一部で、押し入れの奥や物置にたくさんのガラクタがある。
・30cmノギス
・マイクロメーター
・ほとんど使っていないヤスリ
・自作のキサゲ
・トースカン
・外、内、片パス
等々
いずれ旋盤をやるだろう、と思っていたのだろうか。
あとは旋盤が届くのを待つだけである。

|

« 木造貨車の隅柱 | トップページ | D51(ナメクジ北海道型)の整備-(1) »

模型」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

これだけ買ったら結構な出費になりますね。
お父様に感謝ですね。

投稿: ひからび | 2018年1月19日 (金) 22時59分

一般人にはガラクタでしかないでしょうが、
今となってはありがたいものです。
それにしてもこれ以外のどうでも良いものが多い。
整理、処分が大変ですわ。

投稿: みつる | 2018年1月20日 (土) 08時43分

みつる様
 FL350E、いいですね!
 これなら、OJでもライブでもやれそう。
 これからが楽しみです。

投稿: 三河屋 | 2018年1月20日 (土) 09時16分

標準セットでまだ足りないオプションは単品で揃えようと思っています。
1/80では、眼も手も限界かなあと思っています。
Oスケールで部品は扱いやすくなりますが、市場には少ないので自作が前提になります。
どうしても細かくこだわると破綻するので、そこそこ妥協し、できる範囲に留めようとおもいます。
 レイアウトは難しくなりますが、そういう意味ではOナロー、アメリカ型On3あたりが魅力的なんですが。
どうなるかは・・・。?

投稿: みつる | 2018年1月20日 (土) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父の遺したもの(機材):

« 木造貨車の隅柱 | トップページ | D51(ナメクジ北海道型)の整備-(1) »