« 旋盤の導入 | トップページ | オヤ30ー(1) »

ブレーキテコの製作ー(3)

10日ほど更新が遠のきました。
模型を作ってなかった訳ではないのです。

 先週は毎月定例の行事が二日、家族で昼食会、例年この時期にお手伝いする案件、1年余り関わってきた模型の打ち合わせなど、忙しい週でした。
旋盤が届いて、先輩方からご教示いただいたり、意図した部品が作れるのかなど、一定の成果はありました。

D52のブレーキテコですが、長らく止まったのは「だるまや製」のブレーキシューがドロップ製でドリルが折れ込んで作業が中断し、気持ちが下がったのもあるでしょう。
幸い、ステンレス容器の塩水に漬けて一週間余り、黒い沈殿物が付着しているようなのでドリルで開けなおしました。

前回形になった水平テコは左右のシャフト部分が□の断面になっているため、角を落とし八角形にし円形に近づけました。
幸いφ0.6=>φ48(実寸)で少しオーバースケールでしょうか。

2018022201

角材を挟んでバイスに固定すると、傾きを保持でき具合が良い。
前回のD51もこのようにすれば手間取らずに済んだかもしれない。

2018022202

前後の動輪にこするようなので、内側を少し削り、エポキシを塗布し時間待ちの状況です。

あと一息、ロッド類も手持ちのものを充当したら完成もまじかです。
もうそこまで春が来ているようなので、塗装を待とう。

|

« 旋盤の導入 | トップページ | オヤ30ー(1) »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/66422491

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキテコの製作ー(3):

« 旋盤の導入 | トップページ | オヤ30ー(1) »