« 連結棒(機関車)の製作ー(1) | トップページ | 木造石炭車の下回りー(9) »

連結棒の製作ー(2)

 思うように捗らない。

 

昨日は午後から体がだるく寝てしまった。

 

寝る時間が遅くなり、起きる時間が変わらない。睡眠不足だろう。

 

今朝は少し良くなり工作の続きを始めた。

 

 

 

金曜日は朝から以前作った敷板の平行度が出ていなかったところを改善し、クランプも修正を行った。

 

午後からロッドをフライス盤で削り出そうとしたが、Φ2のエンドミルでは削れない。

 

穴はへこむだけで切り進まない。

 

やはり4枚刃では無理なんだろう。2本も欠けてしまった。ヘタった刃も見える。

 

 

 

センタードリルを使って穴をあけるとうまくいった。

 

やはり加工硬化しているのだろうか。

 

目論見通りいかなかったが糸鋸で切り出そうと6本のうち4本で気持ちが続かなくなった。

 

左の親指を切ってしまい、つかむことができない。

 

 

 

土曜の朝から残りの2本を切り出したが、いままで1本に糸鋸1本消費したのに、最後の1本に4本も消費した。

 

とにかく最初の1っ発がきれない。

 

何とか切り出したが、傷が開いてきて中断した。

 

 

 

洋白で切るよりは固いがザックザックと切れる感じで、粘りがないのでまっすぐ切れる。

 

 

 

仮にロッドを差し込んだら、少し引っかかるようだ。

 

1-2間のペデスタルが固いので寸法を測りながら調整した。

 

ロッドの穴も固いので少し広げてやると、動輪がスルスルと転がる。

 

3-4間も転がるようになった。

 

 今日、日曜、指の傷も塞がった。朝からロッドの外形を整えた。
真鍮と違って、削る時間はかかるが、削りすぎないので手加減が楽だ。

 

2-3間も転がるようになったが、ロッドピンが当初より長さがたりない。

 

あらためて第2動輪のピンを作り直すか押し出すか。

 

 

ロッドの関節は貼り合わせになるが、ステンレスにするか洋白を貼るかしよう。 
油壷の蓋も洋白で作るか。

 

ピンの精度もだが、圧入に垂直に入っていないかもしれない。

 

専用のビスも削り出す必要がある。

 

あとすこし。

 

なぜか関節の穴はずれたが、貼り合わせるので影響はない。

 

2018062401

 

それにしても、16番(13mm)に比べて、おおきく作りやすいし、うまく回るようになったときの快感、スルスルと滑るように走るのは達成感を味わえる。

|

« 連結棒(機関車)の製作ー(1) | トップページ | 木造石炭車の下回りー(9) »

OJ・オテセ11000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連結棒の製作ー(2):

« 連結棒(機関車)の製作ー(1) | トップページ | 木造石炭車の下回りー(9) »