« 木造石炭車の下回りー(6) | トップページ | 線路改修ー(1) »

貨物鉄道博物館訪問

機関車趣味のお仲間からお誘いがあり、貨物鉄道博物館へ行ってきました。

今回は参加者も少なく、私を含めて4名でしたが、一般の方ともお話して楽しい時間でした。
 
貨車の撮影も一段落して、お昼時に貨物が1本来るのでいつもの撮影場所へ向いましたが・・・残念。
川の堤防沿いにソーラーパネルが並んで、更にその電柱が並んでいます。
もう撮影できないかと思いましたが、麦畑の穂に隠して撮影しました。

2018060301

貨物博物館では貨車の下にもぐりこんで撮影しましたが、東武の39号機関車の動輪をみて、気付いたことがあります。
第1動輪と第2動輪の輪芯形状が異なっています。
スポーク形状、前者は長方形断面、後者は楕円(たまご形)断面形状です。
機関車に詳しいのKさんとUさんは、「他の機関車と振り替えたのでは」との意見でした。
東武には同系統の機関車が多く配置されていたようなので、あり得ると見解です。

2018060302

また、台枠下にカメラを潜り込ませて、「スチブンソン弁装置」を撮影しました。
わかる人にはわかる、古典機関車特有の機構です。

2018060303

2018060304


いくつか木造貨車を撮影しましたが、ワム1とトム16000の詳細図面があったので購入しました。
次に製作する貨車はワム1にしようと考えていたのでちょうど良かった。
 
機関車、貨車に触れて気持ちも上々、模型制作に励もう。

|

« 木造石炭車の下回りー(6) | トップページ | 線路改修ー(1) »

写真」カテゴリの記事

コメント

貨物鉄道博物館開館日にお越し頂きありがとうございました!

貨車図面集お買い上げありがとうございました!
販売している図面集はあれだけですが、他に国鉄貨車の製作図等所蔵していますので、こちらもご覧頂けますので、次回お越しの際は、こちらもよろしくお願いします。

11月4日開館日は、貨物鉄道博物館15周年イベントを行いますので、再訪頂ければと思います。

投稿: 南野哲志 | 2018年6月 9日 (土) 07時16分

こちらこそありがとうございました。
図面も機会があれば拝見したいと思っています。
博物館には何度も伺っているのですが、まだまだ見たいところがたくさんあります。
秋にはお伺いしたいと思っています。

投稿: みつる | 2018年6月 9日 (土) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貨物鉄道博物館訪問:

« 木造石炭車の下回りー(6) | トップページ | 線路改修ー(1) »