« 木造石炭車の部品製作 | トップページ | 台風と雑作業 »

貨車部品の製作ー(2)

二日ほど睡眠不足でリズムが狂って眠れない。

昨夜も明け方まで起きていたが、遅い目の起床ですっきりと目が覚める。
朝からシャワーをして、工作の準備に入る。
 
貨車のブレーキシリンダーは今後も使うことが多いだろうし、原型を作ってみたい。
●実物の写真
以前にも掲示した「KC180X300」、標準2軸貨車用である。
冷蔵車などは「KC203x300」でシリンダーが太くなるが、空気ダメはそれ以上に太く見える。

19840732

図面がないのでブレーキ装置詳細図からトレースした。
製作してみると、空気ダメがもう少し太いようにおもうが・・・。

2018083001

ちょっと鋳物感が難しいし、台座にボルトを付ける関係で少しオーバースケールになる。
バランスを考えると若干太い目の方が良いように思う。

空気ダメ中央のメクラ栓と円周上のボルトは追加したほうが良さそう。

・シリンダー
・制御弁
・シリコシ、締切コック、枝管
・ブレーキテコ2種類
・シリンダー押棒
となると6ピースになるようだ。

|

« 木造石炭車の部品製作 | トップページ | 台風と雑作業 »

OJゲージ工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貨車部品の製作ー(2):

« 木造石炭車の部品製作 | トップページ | 台風と雑作業 »