« フライスの段取りー(3) | トップページ | 木造石炭車の上回りー(3) »

木造石炭車の下回りー(12)

課題だった木造石炭車の下回りにもどろう。

まだ暑くなる前に喫茶店で模型談義をしていると、3軸貨車がスムーズに脱線せずに走るのかという話題になった。
 大先輩のKさんの2軸車の作品では、りん青銅の板バネを使うのが常のようだが、3軸となるとどうなのか。
というわけで坦バネの製作も止まっている。
6組、12枚づつ、72枚の板ばねの端部を△状にそろえて切断する手段が思いつかない。
同じ作業を72回+α繰り返すしかないか。
 
暑くて工作が止まっている間も、寝る前もこのことが頭から離れない。
このような事例には「ロンビックイコライザー」なるものがあるらしいが、台枠が強固にできているのが条件で、3軸車になると複雑だ。
 というわけで、イコライザーを組み込めないかCADで検討しながら作ってみる。

2018081001

片方の1軸は左右の軸を台枠上にイコライザーの支点を設ける。
残りの2軸を台枠の内側に隠れるように、左右に仕込む。
この二つは真鍮アングルから削り出したものを台枠上に固定し、約1.5mmの隙間にイコライザーを差し込んであるだけで、固定はしない。
つまり支点は『 ⌒ 』状に接するだけである。
3点支持というのだろうか。
高さ調整は削りながら微調整するのが煩わしいが、経年変化も少ないだろう。
まだ未調整だが、このように。

2018081002

ブレーキ装置の製作が残るが、早く形にしたいので上回りに入ろう。
キット状態だが、まだヒンジはできていない。

2018081003

|

« フライスの段取りー(3) | トップページ | 木造石炭車の上回りー(3) »

木造貨車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/67048327

この記事へのトラックバック一覧です: 木造石炭車の下回りー(12):

« フライスの段取りー(3) | トップページ | 木造石炭車の上回りー(3) »