« 3軸台車の走行音 | トップページ | 石炭ホッパーセクションで遊ぶ »

木造石炭車の下回りー(13)

長らくフライス作業もしていなくて、OJの製作もおよそ3週間ぶりだ。

今日の作業も終わりだというのに思いついたようにフライス盤の前に座った。
 
 連結器は標準的なKDカプラーであるが、「カプラーBOXが大きすぎて台枠に支障する」との意見を聞いていたが、どのように実現するかは不明確であった。
もう2週間余りまえから頭の中に形はできていて、どう加工するのか手順がはっきりしてきた。
 t=2mmの真鍮板を凸断面で中梁を挟み込み、上回りと共締めする。
おおよその寸法は分かっていたが、段差を1mmにして削り出した。
考えてみると4枚必要なことに気づいた。
穴あけの寸法を間違えて、ドリルで開けなおした。
上側の1枚はM2のネジを切り、下側はΦ2とした。後日、共締めの際にφ2に。

2018092101

実際に装着すると段差が大きすぎて浮き上がる。
段差はおよそ0.5mmくらいか。
(よく見たら連結器が裏返し、写真を間違えてます)

2018092102

久しぶりに糸鋸で薄板(0.8mm)を切ると、フライス盤に慣れて削るのが煩わしい。
これだと下側の位置決めが面倒であるし、両面凸するのが得策なのは明らかである。
連結器の摺動が固いので、0.4mm+0.4mmくらいが適当なのだろうと判断した。
適正な高さが明確でないが、線路に乗せると少し余裕があるようで、丁度よいのだろう。
片側はイコライザの強度に問題があり、若干低い。

2018092103

あとは緩衝器、バネをどのような仕組みにしようか。
引張のみか、押引両方か、もう少し検討要する。
来週から機械加工に戻ることにしたい。

|

« 3軸台車の走行音 | トップページ | 石炭ホッパーセクションで遊ぶ »

工作・OJゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/67192693

この記事へのトラックバック一覧です: 木造石炭車の下回りー(13):

« 3軸台車の走行音 | トップページ | 石炭ホッパーセクションで遊ぶ »