« セキ1の模型化(4) | トップページ | 木造石炭車の下回りー(13) »

3軸台車の走行音

 少し違う話題にしよう。

今では「スイテ49」が動態保存されていて走行する機会も多く、三軸台車の音も聞くことが出来るだろう。
 
1981年頃、旧型客車の廃車も目前に迫り、近畿はもちろん四国、山陰と撮影と走行音を録音するために毎月のように追いかけていた。
 北海道に木造客車の生き残りが走っており、そのうえ3軸台車だというので雪の中を空路で札幌へ、夜遅くに追分駅構内の端にある「宿泊所」に泊まった。
翌朝は雪も止み、駅前を滑りながら夕張線の清水沢へ向かった。
 
あまり詳細は記憶にないが、3軸台車の客車走行音を録音することが目的で撮影する余裕はない。
 長い石炭列車につながった混合列車で、機関車はDD13だから蒸気暖房はなく、ダルマストーブが置かれている。
DD13の汽笛とともに列車は徐々にスピードを上げるが、遅い。
タンタンタン、タンタンタンという音を聞きながら、途中で1駅停車し、全行程20分あまりで終点の南大夕張に滑り込んだ。
●夕方の折り返し列車までホームに据え付けられた「スハニ6」
 
撮影; 1982年01月12日
場所; 南大夕張

2018091901

●スハニ6の3軸台車走行音
スハニ6の台車芯皿付近、デッキ近くで録音
20分余りの録音から、短く編集した。
3軸台車の音をお楽しみください。
・汽笛~発車(00:00~00:54)「タンタンタン」
・比較的早い走行音(00:55~01:09)「タタタン」
機材;アイワ・カセットボーイ(内蔵ステレオマイク)
※古い録音のため、ヒスノイズ等、ご容赦ください。

3軸台車と2軸台車の鋼製客車2両であるが、木造客車特有の構造を撮影している。
別の機会にでもご覧いただこう。
完結

|

« セキ1の模型化(4) | トップページ | 木造石炭車の下回りー(13) »

客車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/67186561

この記事へのトラックバック一覧です: 3軸台車の走行音:

« セキ1の模型化(4) | トップページ | 木造石炭車の下回りー(13) »