« 高架桟橋の製作ー(4) | トップページ | 高架桟橋の製作ー(6) »

高架桟橋の製作ー(5)

今日は思ったほど進まない。

とりあえず線路位置を再確認して、所定の場所に穴をあける。
 高架桟橋の塗装はサフェーサーを薄く解いて手塗、ホワイトを加えて全体に上塗りしたあと、上部から黒っぽい茶色を上から吹き付けた。
同じく石炭が埋まりそうな足元も吹き付ける。
ちょっと汚れすぎかなあと思うが、古い時代の想定なので。
桟橋よりの線路だけ仮に敷いた。
明日は残る反対側を敷きたいが、貯木場の側線を作るかどうか迷っている。
高架上の線路は乗せただけ。

2018110701

石垣の材料を探したが古い紙製プレスが出てきたが、ボンドでふやけそうなので止めておく。盛り土部は傾斜が大きいのでコンクリートの擁壁とするか。
キャットウオークが付いて幅が広くなり、敷地が狭く見えるようだ。

|

« 高架桟橋の製作ー(4) | トップページ | 高架桟橋の製作ー(6) »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高架桟橋の製作ー(5):

« 高架桟橋の製作ー(4) | トップページ | 高架桟橋の製作ー(6) »