« 高架桟橋の製作ー(1) | トップページ | 高架桟橋の製作ー(3) »

高架桟橋の製作ー(2)

 昨日は半日、東山方面を見学、14800歩ほどあるいた。

 
昨日の午前中に材料の細かい寸法どりをしてあったので、今朝は組立に入る。
昼過ぎまでに2枚のうち、1枚のパネルの高架部分が形になった。
足りない橋脚も切り出しが終り、残る寸法調整をして接着を待つ。
 桁を仮に設置してみる。橋脚はあと5個必要だ。

2018110301

石炭車5両では短いが、これがスペースの限界である。

手前の機回し線は9600まで、D51は入線禁止となる。
もうすこし貯炭上を広くできるとよいが、機回しができなくなる。

2018110302

桁にキャッとウオークを付けるが、持ち出す細い梁の溝が沢山必要で、手間がかかりそう。
意外と頑丈にできて、持ち出すのも心配なさそうだが、運搬手段は制限される。
もう一つのパネルを作ることにする。

|

« 高架桟橋の製作ー(1) | トップページ | 高架桟橋の製作ー(3) »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高架桟橋の製作ー(2):

« 高架桟橋の製作ー(1) | トップページ | 高架桟橋の製作ー(3) »