« 4110の模型化ー(18) | トップページ | 明治村のボールドウイン »

8mmムービーのデジタル化

最近、友人と古い映像の話で盛り上がっている。

6年ほど前にデスクトップPCでVHSビデオはデジタルに変換してサーバーに残してあったが、8mmムービーのデータは残っていなかった。
古いPCではCPUやHDDの性能もあって結果が良くなかったので消してしまったのだろう。
 
USB接続機器が安かったので注文したら今日届いたので試しにキャプチャーしてみた。
●現役蒸気機関車
小学6年生で親父の8mm(ダブル;16mmを往復撮影する)で撮影したが、絞りの概念が理解していなかったので、露出がめちゃくちゃだった。
 中学生になって関西本線や播但線、七尾線に撮影に行ったのが懐かしい。
このツールを使うと簡単に、何も考える必要はない。
・C5711の回送

20812170

・七尾線C56124、穴水峠

208121702

よく見ると、最初とあとで1年余りの時差があって、三脚で固定したり、無意味にパンしていなかったりと、それなりに勉強し、画面が安定している。

・ドイツ国鉄011100
現役蒸気から10年経って、撮影技術もかなり向上している。
同時期に撮影したスチルは「レイルNO.17」に掲載されている。

208121703

幸い、これらフィルムは30年前にVHS化してあったので簡単に変換できた。
ところが、原版の8mmフィルムのケースを開けると臭い、酸っぱい臭いがしてフィルムがワカメのようにぶよぶよになっている。
当家では初めてのビネガーシンドロームである。
まだ初期の段階の様で、一部だけが変形している。
良かったあVHSにしておいて。
 
もう1本、「すばらしい蒸気機関車」の高林陽一監督がアマチュア時代に撮影された「宮津線C58」がある。
古い作品で購入時、すでに退色が激しく、コマ飛びがあったりで作品の出来も特筆すべきところはあまりない。懐かしいというだけ。
試しに部屋の明かりを消して、反射率の高いスクリーンに映しながらデジカメで動画撮影したら、なかなかうまくデジタル化できることがわかった。
とりあえずはフィルムからのデジタル化は確立できそうだ。
あとは音声オープンリールのテープを再生しなきゃならないが、動くかなあ。
機会があればお披露目しましょうか。

|

« 4110の模型化ー(18) | トップページ | 明治村のボールドウイン »

写真」カテゴリの記事

コメント

ぜひぜひ!

待ってますよ!!!!

投稿: ひからび | 2018年12月18日 (火) 13時35分

そうですね、機会があればお目にかけましょう。
次回と言っても来年、半年先ですかね。
僅か10分足らずですが、音声が残ってるのやらないものもあるのでご承知ください。
音声の同調のほうが手間が掛かりそうです。

投稿: みつる | 2018年12月18日 (火) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8mmムービーのデジタル化:

« 4110の模型化ー(18) | トップページ | 明治村のボールドウイン »