« 2018年撮り納めと新年 | トップページ | 古典機のお立ち台 »

新年の試行錯誤

 正月は家に居なかったので遅い雑煮である。

 
両親がいなくなって6年である。
翌年の正月に一人の正月、雑煮を作った。
意外と簡単に、3日目くらいに母の味に近く作ることができた。
 レシピをのこしたわけではなく、1年に数日の事で翌年には忘れている。
おおよその手順は分かっているのでそれなりにできる。
 
 例年近所の和菓子屋でかう「小餅」が、年末に店じまいになり買っていなかった。
近所のスーパーの「小餅」は安いが小さく、「切り餅」を買ってくる。
 
いつもの通り、昆布を入れ出しとり、餅を数分煮る。
和菓子屋の小餅は大きく、例年なら7~8分要するのが5分程度で柔らかくなる。
嫁さんのところからもらった「ミツバ」を三切れいれた。

2019010501_2

少し味が違うと思ったら、「カツオ出汁」を忘れていた。
ちなみに祝箸はダミー、使うことなく数年前のものである。
あらためて鰹節で700CCほど出汁を作り置きしておく。2日ほど使えそう。

2019010502

今朝、もう一度カツオ出汁を使って作くる。
今回はシイタケを入れてみたが、シイタケの出汁が出たみたいで味がちがう。

2019010503_2

もうすこし調整が必要だ。
来年になったら忘れているだろう。

「チコちゃんに叱られる」が終ったら、工作に入ろうか。

|

« 2018年撮り納めと新年 | トップページ | 古典機のお立ち台 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545919/67558297

この記事へのトラックバック一覧です: 新年の試行錯誤:

« 2018年撮り納めと新年 | トップページ | 古典機のお立ち台 »