« 古典機のお立ち台 | トップページ | 4110の模型化ー(19) »

コッペルを求めて岡山へ

 一昨年の秋に頚城コッペルの話題に始まり、いつか岡山の井笠鉄道保存車両を見に行こうと計画していた。

天候も良く暖かくなりそうなので友人の車に同乗して岡山へ向かった。
●井笠鉄道3号
岡山、池田動物園内に、西大寺鉄道の木造客車、貨車と共に静態保存されている。
屋外のため保存状態は良好とはいえない。
2019011301

乗工社のキットを組み立てたといっても、くわしく構造は知らなかった。
細部を見ていくと興味深い。

●井笠鉄道
井笠鉄道新山駅を利用し井笠鉄道記念館として公開されている。
金網に囲まれているが、公開日は自由に入り見学できる。
屋根があるので撮影には苦労するが、保存状態は良好で綺麗に保守し管理されている。
広角レンズ14mm(21mm相当)を使用しても画面に全体を収めるのは難しい。

2019011302

銘板は交換されてレプリカ、劣化して割れている。

2019011303

近隣にあと2両の保存機があるが、時間の都合もあり断念した。
●岡山電軌
時間に余裕があったので岡山市内に戻った。
西の空が紅く染まり、線路が美しい。

2019011304

相変わらず帰路は汽車談義、次の撮影場所はどこだろう。

|

« 古典機のお立ち台 | トップページ | 4110の模型化ー(19) »

ナロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コッペルを求めて岡山へ:

« 古典機のお立ち台 | トップページ | 4110の模型化ー(19) »