« 木造石炭車の下回りー(17) | トップページ | 客貨車関係資料 »

木造石炭車の上回りー(5)

 担ばねに反りを入れ組み立てたが、失念していた。

「貨車用基本担バネ表」というのを参考に製作していたが、荷重による”たわみ”を考慮していなかった
 
盈車(えいしゃ)、つまり積車の写真はすくなくわかりにくいが、トキ900の場合を見ると上辺がほぼ一直線になるほどたわんでいる。
なかには逆に反りが入っているのではないかと思えるようなものも見られる。
 セラ200形式では、
自重; 10 ton
荷重; 18 ton
 
ばね上荷重を試算し
0.8(輪軸)×3=2.4 ton(ばね下荷重)
ばね上荷重は、
18(荷重)+10-2.4(ばね下荷重)=25.6 ton  
25 ÷ 6(輪)= 約4.27 ton (1輪あたり)
 つまり、担ばね1個あたり4tonの荷重として考えると。
担ばね7種(負担力5.5ton)の場合、1tonあたり約8mmのたわみであるから、
8mm x 4 ton = 32mm のたわみとなる。
(ちなみに常用荷重で43mmのたわみと表記されている)
 
以上からおよそ模型では0.7mm程度のたわみを考慮する必要がある。
そのような理由から、反りを戻したら、逆そり気味になったようだが、これも良いだろう。へたったバネと考えるとして。

2019021803

 さて、妻部の連結器解放てこ装置の製作に入る。
昨年夏に一度製作したがイマイチ形に納得できずにつくりなおしである。
2019021801
バイスに4mm厚真鍮板を挟んで、研削する。
前回はスケール通りに作ろうとして、強度にももんだいがあったので少しオーバースケールである。

リベット状に真鍮線を植え込む。

2019021802

春の兆しか今日は暖かく、およそ一週間模型製作を再開できた。

|

« 木造石炭車の下回りー(17) | トップページ | 客貨車関係資料 »

工作・OJゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木造石炭車の上回りー(5):

« 木造石炭車の下回りー(17) | トップページ | 客貨車関係資料 »