« PCのその後 | トップページ | ブレーキシューの製作 »

CADの設定に手間取る

 OSの新規インストールで快調になったノートPCであるが、CADの初期設定に手間取っている。

 30年前はMS-DOSのシングルユーザであったから、1台1設定が原則であったが、初期のWINDOWSでもおよそ設定条件は変わらなかった。
Windows-NT4や2000あたりからマルチユーザになり、管理者権限とともにCADの設定もユーザ毎にプロファイルを設定してそれぞれのユーザ独自の設定が可能になった。
このあたりまでは現役でCADを使用していたのでそれなりにノウハウを蓄積して、該当ユーザ独自にサポートできるまでになった。 
 
XPになったあたりから、セキュリティや個人情報の観点から個々のユーザにアクセス権を設定するようになると、思い通りに設定が反映されない事象が多発した。
プロファイルは意図的に保存してバックアップしておかないと不慮の事故で環境設定がリセットされて、半日くらいかけて作業することも多くなった。
 
 10年ほど前まではメニューファイルをテキストベースで編集することができたので、旧バージョンからの意向も比較的短時間でできたが、最近ではGUIも一新されてCAD内で編集する機能が充実されたが、使い勝手が良いとは言えず、専門的な知識が必要になる。
社内で数台使用していたころは、準備から移行まで1か月近く要したこともあった。
そんな仕事からも離れ時間が経って記憶に残っていない。
手探りしながら半日程要してなんとか作業できるまでになった。
少しずつ修正しながら改善していきたい。
 
 昨年末から懸案のブレーキシューの検討に入る。
φ30の丸棒の在庫がないので、前回同様  に2mm圧真鍮板から切りだす。

2019021001_2

久しぶりの旋盤、フライス作業に入ることにする。

|

« PCのその後 | トップページ | ブレーキシューの製作 »

CAD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CADの設定に手間取る:

« PCのその後 | トップページ | ブレーキシューの製作 »