« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

デジカメのフードを作る

 注文した材料がまだ届かないが、ボケーッとしてるのも時間が惜しい。
1年半前に作ったスマホのカバー、30年前の渡航の際にパスポートを身につけるためのカバーをばらして余り材を使ってデジカメのフードを作る。

201903311

以前にも厚紙で作ったがでどこかで無くしてきた。
一眼レフより大型カメラのほうが長く使ってきたので、ファインダーより液晶で見るほうが多く、屋外では明るくて見にくくカブリ布を使うこともある。

設計もせず現物合わせで適当に切り出し、既存の穴に合わせて縫う。

201903312 
角を縫うと立体になり

201903313

下面にもう一枚縫うと

201903314

液晶を起こしてローアングルにも
201903315

およそ2時間半、あとは無くさないように対策を考えるとして。
少し手直しも必要なので、もう1個作ってみよう。

| | コメント (0)

ディテール記事について

 お気づきの方もあるかと思います。
PCの場合、左、カテゴリー(オエ61~ワ12000)に該当する記事について、現在は非表示になっています。
2016年の秋から2年半、多いときは毎日約400アクセスありました。
非表示になってからはおよそ半分、200アクセスを下回っています。
再度表示して続けていくのが理想だとは思います。

同時に、ココログの仕様が変更になり、これら記事のレイアウトが乱れる事象が発生しました。
上記ディテール記事を元に戻すには多くの労力が発生することになりそうで、躊躇しています。

一方、これら記事を編集して、紙面、自費出版するようなことを構想しています。
実現できるかは身近な方からのご意見も拝聴したいと思っています。
まずは、拙著「三十噸積石炭車を探ぐる」を状況を見て判断しようと考えます。

| | コメント (0)

データ形式による印刷結果の違い

 WindowsのCADで図面を描いて、テキストを作成し、USBメモリを経由して画像とテキストをIndesignに流し込んで作業していたが煩わしいのでネットワークで共有接続した。

Windowsでファイルの共有設定をしようとするとエラーが発生する。
admini権限でログオンしたら難なく設定できたが、MACからPCが見えるが共有フォルダが表示しない。
もういちどWindows側にユーザーアカウントとPWを設定したらMACからも見えるようになった。

Windows側で使用するプリンターも共有しようとしたが、ドライバーダウンロードでうまくいかない。
プリンターのプロダクトナンバーがなければダウンロードできない。
Windows側の共有では無理のようなので、イーサーネットケーブルのポートが空いていたのでネットワークケーブルならうまく接続できた。

Indesignから直接印刷を試みた。

201903262

比較してみると黒の質感が異なる。
先の画面の比較と同じ状況である。
やはりPDF入稿の課題なのかな。
(PDFは印刷入稿用の[PDF/X-1a:2001]である。)

| | コメント (0)

次のお題を

 工作もそれなりに進めているが、注文した材料が届くまで休憩してます。暖かくなったとはいえ、朝夕の工作室は寒いです。
印刷物が届くまであと一週間、次のお題を妄想してindesignでレイアウトしています。
気軽にインターネットでデータ入稿して、印刷物が出来上がるの便利ですが課題はあるようで。
IndesignからPDFに変換して、家のインクジェットで印刷しても快調がでない。
というので画面にならべて違いに気がついた。

20190326

左はIndesignでレイアウト、右はPDFに出力したデータ。
全検出場車がグレーに見える。こんなに違うんだとあらためて認識した。
その昔、写真家の土門拳が「古寺巡礼」という高価な写真集を出したけれど、その気持がなんだか分かるような気がする。

考えようで、PDFに変換過程で、印刷環境に適正化されているのか。
写真集というより、「貨車のカタログ」というような割り切らないといけないのかもしれない。

 数日前にココログのブログ更新画面が新しくなって、うまく使えない。
慣れも必要だけれど、思うように写真を配置できない。
なぜこんなに間が空いたようになるんだろう・・・。

| | コメント (0)

InDesignで目次を作る

 午後から心斎橋へ用事があったので、帰りに東急ハンズに寄ってきた。

真鍮丸棒の在庫はそこそこ豊富で、φ3、4、6、7、8、9とあったが、快削は6~だった。
φ7の在庫が少なくなったので、φ2線と□1mmを買ってきた。
 
昨夜、InDesignで目次を作ろうとしたがイマイチ良くない。
InDesignではいろんな方法があって、段落を抽出して半自動で作ることもできるが、段落スタイルを設定していなかったのでこれは使えない。
手動で配列したが、文末(右端)がそろわない。
へたくそだ。

2019031302

調べてみたら、「右インデントタブ」を使うとうまく並んでくれた。
あらためて、段落、文字スタイルを設定したらそこそこ期待通りにできた。
章と節のスタイルを作って、インデントした。
あとは「・・・・」を配置しないと。

2019031301_3

文字の白黒反転もできるようになった。
すこし覚えたら、あちこち気になりだした。
まだまだ知らないことは多い。
いよいよ印刷の手配を考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacでInDesignを使う

 先月は図面を描くのに二週間ほど要し、この10日間は「InDesign」でドキュメント編集に右往左往である。

Windows使いなのでWindows環境で使いたいが、ライセンスがMacなので仕方ない。
 
 いくつかの不具合は対策はわかり安堵したが、新しくドキュメントを2回ほど作り直した。
そのために教習本も購入したがまだまだ初心者である。
 NEC-DOSの時代に「一太郎」の連文節変換になじんでから、当たり前のようにWindowsでできた変換がMacではうまく入力できない。
 変換候補が出てくるが、ありえないような優先候補で並んでいる。
探し回るのにまるで単漢字変換なみである。
 候補を選択したあとエンターしたら確定だと思ったら、エンター2回しないと確定しない。
何とか慣れてきたが、効率が悪い。
IMEをATOCでも導入すれば少しは楽になるだろうけど、コストが掛かる。
 なので、本文はWindows環境でテキスト入力し、Macへ配置する。
ならWORDでもよいのだろうけど、InDesignならではの便利な機能は慣れると楽である。
「ノンブル」もマスターに配置したものの、開始ページがうまくできなくて、試行錯誤の上、何とか配置できた。
 明日くらいに最終校正を終えたら脱稿できそうだ。

2019031101

来週には詳細にご報告できると思う。
あと少し・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MACの不具合

5日ほどMACで編集に没頭している。

なかなか思うような操作ができず四苦八苦、やっと僅かながらそれなりに操作できるところまできた。
昨夜は調子に乗りすぎて朝方まで、17時間程MACの前に座った。
 
操作が分からないときは横のWindowsデスクトップで検索しながら、CADはもう一台のノートで処理して3台を振り回している。
1台に統合したいがライセンスやなにかで都合よくいかない。
 
うまくいくようになったかと思うと、突然日本語入力ができなくなる。
一旦、アプリケーションを終了してメモ帳で日本語入力できるか確認して、一旦再起動すると大抵は復帰する。
朝から半日程度連続使用すると、突然アプリケーションが終了する。
幸い、最終のデータは保護されているのか残っている。
一番安いのを買ったのでメモリの容量が足りないのだろう。
 
編集も9割がた終わり、最終チェックである。
はやく工作に戻りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工作はお休み

 昨日は日本橋で2.5インチHDDを購入したあと、日本橋界隈を歩いたが欲しいものはない。

電気店の前を通ってもときめき感はない。
 その足で友人宅へ寄って先般再インストールしたノートPCをメンテナンスする。
以前の不具合は改善したものの、
・起動メディアがないというメッセージ
・起動後30分ほどでフリーズする
と私のSSD換装前と同じような事象が発生する。
 
新しいHDDをUSBで外部接続して、「EASE Todo Backup」でクローンを作成する。
毎度のことだが一度でうまくいった試しがない。過去6年くらいで10回以上は試した。
 思ったように2回失敗した。
30分程度でクローン作製は完了するが、接続しなおすと起動ドライブを認識しない。
あとから気が付いたのはパーティションの選択が間違っていたようだ。
3回目に選択方法を変更して、およそ40分ほどで完了。
 今度は起動するが、「checkmedlia」のメッセージが出て、勝手に再起動して正常起動した。
あとで調べて気づいたが、BIOSの設定に起因するようだが、そのような項目が見当たらなかった。
とりあえずHDDクラッシュの心配もないし、月曜日以降に起動できるか見極めである。
 
そのような作業中に足腰が痛いし、背中にゾクゾクするような悪寒を感じた。
熱が出るときの兆候である。
家に帰宅して、先般の近所のお店からメッセージが入っていて、プリンターで出力できないらしい。幸いケーブルを差しなおしたら正常に戻ったようだ。
 
もうひとつ、金曜から訳あってMACを使い始めた。
年末に導入してから、のべ10回も使用していない。 
なれないMACに、使おうと思わないのが正直なところ。
 
それでも使い始めたら、MS-OFFICEより使い勝手がよいところもあって慣れだしたと思ったら・・・。
突然、日本語入力ができなくなった。
アプリケーションに使い慣れていないのもあるが、 入力個所によっては全角入力ができなかったり。
 すると突然、一切の日本語入力ができなくなった。
メモ帳でも日本語入力ができない。
 インターネットで対策を検索しようにも日本語入力できないとどうにもならず。
あと2台のWindowsPCを使って、いくつかの対応策をしらべ、試してみるが復帰しない。 
 
MACでこのような事象はときどきあるようだが、初心者には困ったものでどうしようもない。
いくつか試して、何をして戻ったのかわからないが、復帰した。
 
 今朝、起動して入力しようとするとまた日本語が入力できない。
もうどうしようもない、あちらもこちらも、自分のからだも調子悪い。
とりあえず日本語入力は戻ったが・・・。
MACの編集が終わるのはいつだろうか、工作のほうが楽だあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »