« セキ1を取り巻く年譜から | トップページ | オテセを妄想するー(6) »

オテセを妄想するー(5)

『三十噸積石炭車・・・』 => 申し込みのページ (残部僅少

 昨日、今日で側板の手間のかかるアングルを概ね貼り終わったが、裾が残る。
妻板もおよそ材料は揃ったのであす貼ったら、ブレーキの踏み段と握り某を取り付けたら箱状に組める。
下回りは床板と横梁は準備できたので、中梁と枕梁を用意しなければならない。

2019041701

思ったよりセキ1とイメージが違うなあ。

|

« セキ1を取り巻く年譜から | トップページ | オテセを妄想するー(6) »

石炭車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セキ1を取り巻く年譜から | トップページ | オテセを妄想するー(6) »