« カーダンパーを妄想するー(1) | トップページ | カーダンパーを妄想するー(3) »

カーダンパーを妄想するー(2)

 M2ねじで仮組みする。
最終的には皿ネジで頭を沈め、前後面にアングルの付いた化粧板を貼り付ける。
リベットがいっぱいあるがどうしようか、アングルを円周上に曲げるなんてことができるんか。

カゴ状になったので、線路を敷くテーブルを4mmアングルとt=0.5で組んだ。
シフトするガイドレールをΦ2ドリルロッドを使い、Φ4真鍮丸棒にΦ2を貫通して通す。
柱と筋交いの通る構造が写真が少なく、構造がわかりにくいので想像で組みたい。
石炭車がもたれ支える側は⊿の大きいリブが4枚入ると思うので、薄板を使う。

石炭車が進入する、中心は左にずれている。

201906061

回転すると線路が右へシフトする。

201906062

とこんなイメージだろう。

底板の寸法が間違っているので修正しないと取り付けられない。

細かい仕事で進捗しないが、今日はここまで。

|

« カーダンパーを妄想するー(1) | トップページ | カーダンパーを妄想するー(3) »

施設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カーダンパーを妄想するー(1) | トップページ | カーダンパーを妄想するー(3) »