« 9600原形二軸テンダーの整備ー(2) | トップページ | レイアウト改修を検討する »

9600原形二軸テンダーの整備ー(3)

 朝から9600原形の整備をした。
まず借用中のロッド類を二つ目9600から外して取り付ける。
元々16.5mm仕様を13mmに改軌しているので、いろいろ問題点もありそうだが、9600でも比較的新しい設計なのでギヤーボックスも現行品と変わりないので互換性がある。
 昨日作った新しい長いウエイトを削り、モーター上までかかるようにしたところ、索引力も改善した。
プラ貨車+石炭車=20両を勾配を登れるようになる。
バッファーを外したので開放連結器腕をつけないといけないことに気づく。
テンダーは2軸のままである。

二つ目9600の方は自作サイドロッドに中学の時エッチングで自作したC53のメインロッドに手を加え、ロスト製クロスヘッドとした。
残りの弁装置類は後日作ることにして。
以前から重心が前よりにあり安定が悪かったが、ギヤーボックスとウエイトが支障していたようでイコライザーが効いていなかった。
新しい自作ウエイトに少し削り込んだら改善した。
こちらも20両を索引することができた。
なぜか自作9600のほうが静かに安定して走行する。
ギヤーボックスの調整にもう少し調整が必要である。

さて、保有している蒸気機関車を一通り走行試験を行った。
(1)9600原形 =>概ね良好、後日塗装
(2)9600二つ目 =>弁装置自作要
(3)D51ナメクジ北海道 =>概ね良好、従台車の改良、機単間の長さ調整、「ウエイト改良要」
(4)D50長野 =>概ね良好、「ウエイト改良要」
(5)D52 =>ギヤーボックス改良
(6)C53 =>概ね良好、索引力不足「ウエイト改良要」
(7)C51 =>従台車支障、テンダー台車支障、「ウエイト改良要」
(8)C11 =>集電不安定改良要、「ウエイト改良要」
(9)C55 =>モーターなし、ウエイト自作
(10)E10 自作仕掛り
(11)4110美唄 =>ボイラー空制関係
(12)8620 仕掛り、ウエイト自作
(13)8800原形 エッチング板組み立て、ギヤーボックス自作要
(14)5500 =>走行関係整備、他社へ譲渡予定
(15)B6、2両 =>静態機

とこんな状況で、全てウエイトの改良が必要なので少しずつ改造工事行う。
天賞堂のEF58も休車状態なので、フレームと台車周りをフライスで削り直そう。
騒音が大きいので期待はできそうにないが・・・。

線路は数箇所、手直しが必要で、いずれの機関車も同じところで脱線する確率が高い。
工事計画を考えることにする。

|

« 9600原形二軸テンダーの整備ー(2) | トップページ | レイアウト改修を検討する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9600原形二軸テンダーの整備ー(2) | トップページ | レイアウト改修を検討する »