« レイアウト改修を検討する | トップページ | 台車ができるまでー(6) »

削りだしでチャンネル材を製作する

 1ヶ月ほど13mmの話題が続き、「OJは作らんの」と指摘を受けそうだ。

機関車の話題も久しぶりだが、テンダーのフレームを製作する。
以前より、市販のチャンネルではなく、板材から削りだしでできないかと頭の中にある。
[-5.6x1.2(チャンネル)は市販のサイズでは存在しないし、角が甘いのと剛性がないので考えていた。
真鍮薄板で曲げる方法もあるが、角がきれいに出ないし実感的でない。

Φ7快削真鍮丸棒から削り出すことにした。

●フライスのサポートプレートにクランプで締め付け、およそ半分までけずり平面を出す。

2019061301

●反対側も平面をだし、幅を約6mmまで削る。
微調整しながら約5.7mmまで削り込んだ。
残留応力なのだろう、わずかに反り上がる。

2019061302

●2本目の最後の最後、底を0.1mm削り込んだら底が抜けてしまった。
やりなおしである。
1本目=2.5h
2本め=2.0h
3本目=1.5h

3本目は両面、両幅削ったところで気持ちが折れて、およそ6時間あまりかけて今日はおしまい。
次回にへ。

2019061303

Iビームは作れるかなあ。

|

« レイアウト改修を検討する | トップページ | 台車ができるまでー(6) »

工作・OJゲージ」カテゴリの記事

コメント

””真鍮薄板で曲げる方法もあるが、角がきれいに出ないし実感的でない,,,,””
はたして如何な物か、、、!!
小生の”早風”のテンダーフレームは板厚0.3mmの折り曲げです。

投稿: はた坊 | 2019年6月14日 (金) 00時00分

0.3で
できるんですかあ。
私のスキルではどう考えても。
つかみシロが1.2mm弱で、短いものならできそうに思いますが。
何事もやってみますかあ。

投稿: みつる | 2019年6月14日 (金) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レイアウト改修を検討する | トップページ | 台車ができるまでー(6) »