« オテセを妄想するー(11) | トップページ | カーダンパーを妄想するー(2) »

カーダンパーを妄想するー(1)

 3,4日は古い9600原型2軸テンダーのロッドを作った。
自作の2つ目96にロッド類を転用したので足りない。
洋白ではうまく削れなかったので真鍮板で作る。
真鍮でも黒染すると落ち着いた調子になるので、こちらを選んだ。
とりあえずスルスルと転がるようになったので、後日つづきを製作したい。
分解時に上回りのハンダが外れたので、補修もしたい。

週末から図面を描くのに頭が一杯である。
数日、図面を描いては考えの繰り返しで、なんとか結論は出た。

カーダンパーの動き、ムーブメントを確かめよう。

直径7mの中心から230mmシフトして線路は進入する。
つまりカーダンパー内に石炭車が押し込まれ、230mmして回転する。

もうすこし正確には、回転しながら約5°でカムが外れ、石炭車の載る線路が230mm移動する。
同時に、上からクランパーが下がり石炭車の上部を押さえる。(p=5,200、4箇所)
クランパーはワイヤーでつられている(図では左)が、自身の重量で下がり石炭車の押さえる。
回転し、クランパーが緩まないよう、釣るのとは逆側(図では右)をワイヤーで引き締める。

石炭車の横は押さえられることはなく、シフトして下になる側の鋼板にもたれかかる。
およそ155°回転し、石炭を排出したあと元の位置に戻るが、クランパーが上昇し、カムに押され線路が230mm平行移動して戻る。

図をごらんいただきたい。
201906051

クランパーはワイヤーで吊られているがモーターで引き上げているのだろう。
反対側の締める側もモーターと想像するが、詳しい機構は不明である。

とりあえずt=0.5、0.8の真鍮板で切り出した。
20190605

さて、このムーブメントを模型でどのように実現できるだろう。
シフトするところは実物同様カムでできるだろうか。
クランパーの駆動する動力をどうするか。
一つだけアイデアがある。うまくいくかな。

この他にも石炭車を押し上げるミュールカーの実現方法は未解決である。

石炭車の押し込みと送り出しをできるのだろうか。
まだまだ未知数である。

|

« オテセを妄想するー(11) | トップページ | カーダンパーを妄想するー(2) »

施設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オテセを妄想するー(11) | トップページ | カーダンパーを妄想するー(2) »