« 木造石炭車の下回りー(19) | トップページ | ERコレットを装着 »

コレットチャックを旋盤に使う

フライス盤を導入して1年あまり、ER25コレットチャックを使用している。

旋盤は大径を削るのを意図して3つ爪チャックを使用している。

先月、AMAZONに安いER25コレットホルダーとチャック一式が格安で出品されていた。
使い物になるのかなあと噂していたが、MT3用ホルダーが更に安い値段だったのでダメ元で注文した。
およそ2週間、2日速く届いた。

残念だが引きボルトが付属していないので探さなければならない。
旋盤メーカーの純正引きボルトは1万円ほどするので、代替品を探すとして、差し込み口にボルトの台座を作る必要がある。
コレットチャックは従来のER25が流用できるし、だめなら諦めよう。

2019070901

2019070902

ボルトの長さは150mm+台座長さで160mmくらい。

つまり六角穴付きM12x160、ということになる。
ボルトのほうが高いかもしれない。
日本橋でもさがしに行こうと思う。

|

« 木造石炭車の下回りー(19) | トップページ | ERコレットを装着 »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木造石炭車の下回りー(19) | トップページ | ERコレットを装着 »