« 木造石炭車の下回りー(20) | トップページ | 台車ができるまでー(8) »

台車ができるまでー(7)

 先週、床を掃除したときに小指をぶつけてから数日腫れが引かず、針で爪の間を探ったら5mmほどの木片が出てきた。
取り除いたら痛みも治まったが、もう一箇所ドリルを突き刺さした人差し指も痛んで工作を中断していた。

 台車の製作は終わりにしたいが、実物同様に上揺れ枕、下揺れ枕 を続ける。
小物を削りやすくなったので側受と心皿を旋盤で、外周をフライスで削り出した。
心皿は中心がうまく出せず、作り直した。
側受はまだ幅が広いように思う。

下揺れ枕は端部にロスト部品をハンダ付けしたが、バネの収まりが悪く、強さの調整が必要のようだ。

2019071601

ブレーキシューの取り付けに一工夫必要だ。
左はロスト組で右は実物同様の構造でねじれには追従するが安定して走行できるかは怪しい。
相方をもう1こ作ったら、1両分だけでおしまいとしよう。

|

« 木造石炭車の下回りー(20) | トップページ | 台車ができるまでー(8) »

OJ・オテセ11000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木造石炭車の下回りー(20) | トップページ | 台車ができるまでー(8) »