« コレットチャックを旋盤に使う | トップページ | 木造石炭車の下回りー(20) »

ERコレットを装着

 物置を探したら、M12x250のボルトが3本もあった。
他にもあったが、これを使うしか無い。なんでこんなものが家にあるんだ。

軟鋼だと思うが旋盤で切ろうとしても途中で停止する。
バイトの負荷が大きのだろう、突切りや剣先で繰り返したら折れるくらいまで削れた。

M12ダイスでネジが切れるか心配だったが、30分ほど格闘しても同じところを削るだけで進捗しない。
ボルトの頭が大きのでもう旋盤には加えられないので、ヤスリで面取りを繰り返した。

1時間ほどで何とか見通しがついたので油をさしながら、バイスに挟んでダイスを回した。
旋盤でねじ切りできる技量があれば、切断するまえに切る方法もあろうが、私には無理だ。

3つ爪チャックを外し、Φ25の真鍮丸棒から削り出した台座を挟んで引きネジを入れ、チャックホルダを引いた。

2019070903
ERチャックにΦ4丸棒を咥えて回したら、目に見えてフレが少ないのがわかる。

2019070904

Φ16までの丸棒は咥えられるので、これでしばらく部品製作が楽しみだ。

こうなるともう1台旋盤が欲しくなるなあ。

明日は手が痛いだろうなあ。

|

« コレットチャックを旋盤に使う | トップページ | 木造石炭車の下回りー(20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コレットチャックを旋盤に使う | トップページ | 木造石炭車の下回りー(20) »