« ERコレットを装着 | トップページ | 台車ができるまでー(7) »

木造石炭車の下回りー(20)

 コレットチャックにして、細径の材料が安定して周るようになった。
チャックが小さくなって、バイトが支障することもなく使いやすい。

調子に乗って、ブレーキ装置の関節も極小(軸径Φ0.6)のピンをたくさん作った。
ブレーキシューは去年作ったもので、形がそろっているものを揃え左右1対にした。

制輪子には釣り(ハンガー)とすきま調整ボルトがあるのでそれらしく作った。
本来はハンドル式のナットがあるが、小さすぎるのと型が抜けない恐れがあるので省略する。

六穴の引き棒も旋盤から挽いてフライスで面を取った、ちょっとオーバースケールだ。

2019071001

1両分で必要なのは、

ブレーキ梁ー4個
垂直テコ-2個
ブレーキシュー釣りー8個

ワム1や3500、スム1などの旧型貨車に使用できるだろう。
石炭車のブレーキ部品も概ね揃った。

|

« ERコレットを装着 | トップページ | 台車ができるまでー(7) »

工作・OJゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ERコレットを装着 | トップページ | 台車ができるまでー(7) »