« 石炭車の下回り部品ー(5) | トップページ | 木造石炭車の下回りー(21) »

フライス盤の部品交換

 昼前にSW付きボリュームが届いたので交換した。
特に難しくはないが、ボリュームの軸径は同じだが取付部の径が異なるようでリーマーでパネルの穴をΦ8=>9に拡大した。
パネルと内部の機械部品を遮蔽しているのはプラスチックで、特に難しくはない。

事前に部品を調べたときは、約「4.5KΩ」で、中間点が2KΩくらいだったのでBカーブだと思っていた。
手配したのは5KΩBカーブで、取り付けてみると低速域の調整がしやすいが低速で使うことはないので無意味だ。
使用には差し支えないのでこれで良いだろう。
外観上なんら違いはない。

2019081601

|

« 石炭車の下回り部品ー(5) | トップページ | 木造石炭車の下回りー(21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石炭車の下回り部品ー(5) | トップページ | 木造石炭車の下回りー(21) »