« 木造石炭車の下回りー(22) | トップページ | 4110の模型化ー(25) »

4110の模型化ー(24)

 4日ほど、毎日工作室に8~12時間座っている。
蒸気関係の配管を終わった。

失敗した煙室はリベットを打ち直し、ドアは真鍮板を鉄床の上で叩き膨らませ、ドリルレースで削った。
細かいヒンジ部品も取り付けでき、開閉もできるが固定にすべきだろう。

車端のホースと連結器胴、解放テコも済ませた。

2019092301

あとは空制関係の配管を残すが、部品はほとんど製作済みなので組み立てるだけである。
前照灯は両方とも細いパイプを貫通させ、補強を兼ねているので点灯の準備もしている。
前後進の切り替え回路はボイラー内に入れると重量が不足することになるので要検討とする。

2019092302

あと1日か2日でとりあえず一段落したい。
運転室のバタフライスクリーンなど細かい部品が必要になるが、省略しようと思う。
28,29日の運転会の展示には間に合いそうだ。
イコライザーをどうするかが残っていたあ~。

|

« 木造石炭車の下回りー(22) | トップページ | 4110の模型化ー(25) »

4110」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木造石炭車の下回りー(22) | トップページ | 4110の模型化ー(25) »