« 4110の模型化ー(29) | トップページ | 雑務 »

4110の模型化ー(30)

 昨日塗装したが、バックプレートがうまく入らず、修正し塗装しなおした。

加減リンクがまだ未取り付け、ナンバープレートの磨き出しが残っている。
厄介なブレーキシューもどうするか・・・。
とりあえずこれで竣工としよう。

4110の製作にかかったのは、2015年7月の美唄訪問で、当初は標準型の4110のつもりだった。
台枠、ボイラー、運転室まで作ったところでとまっていた。4年前に遡る。

本格的に製作を再開したのは2017年12月の記事であるからおよそ2年である。
先輩から部品をいただいたからには完成させなければと挑んだが、製作済みのものはわずかに寸法の誤差があり、つくりなおした。
つまり最初の部品は台枠だけである。
合運という一つの目標があって、何とか完成まで来られた。

まだこれから窓ガラスや色入れがのこっている。
ウェザリングもしたいがどのように表現すればよいのか。

 運転室はコック類、圧力計、水面計を磨きだし、腰掛けにはモケットのブルーを入れた。
投炭口付近は黒が正しいが、博物館の9633号にならって茶色の錆止め色、天井は薄緑とした。
2019101002

機関支区に乗り入れて撮影した。

2019101001

客車6両を引いて登ったので索引力は充分だろう。
これを最後としたい。

なお、しばらく工作は中断し次の著作に注力したい。

|

« 4110の模型化ー(29) | トップページ | 雑務 »

4110」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4110の模型化ー(29) | トップページ | 雑務 »