« 4110の模型化ー(30) | トップページ | 給水設備の製作 »

雑務

 台風の影響だろう蒸し暑い。
思いついて枯れてきた雑草の山を穴を掘って埋めた。
ほとんど土をかぶったので来春には平らになるだろう。
 近所から見れば何を埋めているんだろう、家宅捜索でも入れば一番に掘り返されるだろう。

玄関に置いてあった、レンガモニュメントを庭に持ってきた。
元々、この場所に数十年間放置していた。

このレンガ、1900年(明治33年)に建築された京都大学の電気学舎のものである。
鉄道の職を辞して、1年間、大学の先生のお手伝いしたときにもらってきた。
 工学部電気科の校舎の建て替えに際し、レンガの耐力調査を先生が引き受け、私自身、煉瓦シリンダーコア(Φ300)割裂試験を行った。
調査後は廃棄物として処理されたので、長短2種のうち短いものを車で運搬してきた。
 すでに目地のモルタルは弱く半円状に割裂したのでうまく運べた。
長い方もあればよかったが、運べる状況ではなかったので諦めた。

このコア、短い方は2階の壁面から抜いたものである。
なお、電気学舎は建て替えられたが、当時のファザードは補強して保存されている。

 さて、木製折り畳み椅子があったので、テーブル代わりに置いてみた。
余った煉瓦がるので、平らに敷いて、寛げるようにしようか。
ただ、今の季節は虫に刺されるので要注意だ。
明日は誕生日、家族に卓上コンロでバーベキューでも提案しようかな。

2019101101
椅子も磨いてニスを塗ってみよう。

|

« 4110の模型化ー(30) | トップページ | 給水設備の製作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4110の模型化ー(30) | トップページ | 給水設備の製作 »