« 4110の模型化ー(28) | トップページ | 4110の模型化ー(30) »

4110の模型化ー(29)

 昨日は半日要しイコライザーを削り出した。
設計ミスも合ったが高さが足りず、無駄に終わった。

今朝は1時間あまりでイコライザーを新たに削り出したが、エンドミルの深さ方向に削ることで正確にできた。
組み立てると0.1mm単位で修正し1日かかった。
イコライザーの動きが小さくなったが、第4,5軸間のイコライザー上部がモーター台に支障しているようで、第3動輪が浮き上がる。
2019100801
昨日の走行ではモーターの発熱が有り、弁装置のロッド関節が硬く、スムーズでないのが原因と思われ、極小ピンを削り出して交換した。

このような小さいピンはできないと思っていたが、配管の継手や運転室のバックプレートを作ってから慣れてしまった。
2分もかからず1本を作れ、余分に数本作ったが飛んでしまったものもある。

2019100802

2019100803

そろそろ塗装に入りたいが、マッハ模型の塗料が品切れのため、市販のラッカーを使うことにし、試しに客車の下回りを塗ってみようと思う。
2019100804


|

« 4110の模型化ー(28) | トップページ | 4110の模型化ー(30) »

4110」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4110の模型化ー(28) | トップページ | 4110の模型化ー(30) »