« 寸法変換ツールの再改良 | トップページ | 機関車のテンダー車輪ー(3) »

機関車のテンダー車輪ー(2)

 以前作った先輪はスポーク輪心だったが、テンダーは円盤輪心である。
スポークがないので作りやすいが、軸を嵌め込みかねじ込みにするか考慮しなければならない。
M3ネジを切ることを前提にしたが、輪心の裏側が厚く飛び出している。
 予め芯出しに配慮したつもりだったが、径が細いからか、掴みシロが短いからかフレが出る。
(1)車軸ボスを太く残し、タイヤ面を削る。切断する。
貫通穴を通す。Φ2.3
2020021402
Φ15丸棒なのでチャックを貫通できないが、フレは出ない。

(2)タイヤを切断する。
輪心前面を凹に削る。写真なし

(3)輪心裏を切り落とす。

2020021403

タイヤを嵌めてみる。
少しゆるいので後ほどエポキシで接着する。

2020021404
次は車軸の制作に入ろう。
輪心の加工手順は再考する。

|

« 寸法変換ツールの再改良 | トップページ | 機関車のテンダー車輪ー(3) »

OJ・コンソリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寸法変換ツールの再改良 | トップページ | 機関車のテンダー車輪ー(3) »