« テンダーのホーンブロック(HORNBLOCK) | トップページ | 著作配布を中断します »

客車の図面を描く

もう1ヶ月ほど、1月末ころから鼻がムズムズ、目の周りや耳までもが痒く花粉アレルギーだ。
ここ数日は痒みも落ち着いてきたが2日ほどだるく寝込んだ。熱はない。
単に気の持ちようだと思うが、テレビを見ていると気持ちが落ち込んでくるので見ないようにしている。
週に1~2度買い物に行くくらいで引きこもりしているので心配はないが。

 調子が戻ったので客車の図面を描く。
貨車の図面は枚数が多いのと、判別が難しい箇所が多く進捗しないからだ。
 客車の図面は完全には揃っていないが、何もないよりましで、次回著作には十分だ。

およそ1日半で1枚をトレースした、進捗度80%くらい。
台枠図を描きながら、今まで知っていたことを覆すような事実を知った。
模型を作る上では何ら支障はないが、客車ファンとしては情けない。

形式図で示されている寸法は正しくない、車体幅(外板)=2800mmは正しくなく、2805mmが正しい。全長も(2.3+2.3=4.6mm)

2020022701

次回著作では当たり前だと思うことも、客観的に判断できるよう表現したいと思う。
今回知ったこと、車体各部のディテールも示したい。
模型を製作する上で参考になる本が少ないと思うから。

|

« テンダーのホーンブロック(HORNBLOCK) | トップページ | 著作配布を中断します »

本・書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テンダーのホーンブロック(HORNBLOCK) | トップページ | 著作配布を中断します »