« 石炭車の標記を考察する | トップページ | ヨンサントオの時刻表 »

オンライン運転会を構想する

 世間ではテレワークやオンライン会議など、Webカメラの在庫もないところが多いようだ。

身近な仲間とLINEで話題になったのだけれど、「ストラクチャー作りたいけど、オンラインレクチャー」なんかできないか。
また、「オンライン飲み会」の延長で「オンライン運転会」ができないかと考えてみた。

3~4人くらいで各自がWebカメラを用意して、既設のレイアウトでもよいし手持ちの既成レールを敷いてお座敷線路でも用意して列車を走らせる。

◯構想
・4~5人
・線路無くても参加だけ
・時間を分担して一定の時間(10~15分)、列車を走行してカメラで公開する。
・ヤードがある場合は複数列車を交互に走らせてもよい。(適当なダイヤを設定)
・予めリクエストがあれば、列車を準備したり。

◯考慮次項
・Windowsなら、カメラの接続数の制約はないが、扱えるのは1台になる。切り替えが厄介か
※工夫次第
・ある程度安定した線路、車両が必要
・ナローでもセクションでも、各自走らせておくのもよい。
・アプリはSkypeだと使いやすか。
・走らなくても、線路に載せててんじするとか。
・対話が「1対多」になるので、通常の飲み会のように「複数対複数」は対応できない。
※Zoomだと有料になるがグループ分けもできるみたい。
・スマホ、ノートPCだとカメラの向きに制約がある。
という具合。現実的ではないかな。

外に出られず、時間を持て余している私もだけど。
そんなことを考えています。

と言っていながら、明日から2階のレイアウトを解体します。
当分線路を敷くことはないでしょう。

|

« 石炭車の標記を考察する | トップページ | ヨンサントオの時刻表 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石炭車の標記を考察する | トップページ | ヨンサントオの時刻表 »