« 橋梁部の河原を整備 | トップページ | 築堤、橋梁部分の整備 »

DF50の部品を作る

 日曜日は夕方にオンライン運転会を開催した。
撮影仲間が一人増えて4人である。

予定していたDF50は準備が間に合わず走行できなかった。
USBケーブルも延長でき、あらたなカメラポジションができたが欲をいうともう1台欲しい。

後半は階下のセクションで入れ換えを実演したあと加悦鉄道の話題や現役蒸気の古い写真であっという間に時間が経過した。

今朝、DF50が走行できなかったのが残念で、不適合だった台車の段付きネジの代用品を自作した。
段付き部の寸法に余裕がなく、線路の状態に追従しない。
Φ4真鍮丸棒からΦ2貫通穴をあけ、段付きスリーブを自作した。
思ったよりはやく20分ほどで製作できたが、組立に時間を要した。

2020050401

M2ネジは頭の大きいものしかなかったので後日、極小に交換したい。
試運転はポイント部を除いて好調だ。
ポイントは根本的な問題であるし、解体するしか無いだろう。
塗装が済んでいないラジエターグリル、フィルター部が残っている。
茶色に戻して、旧型客車の急行もよいか。

|

« 橋梁部の河原を整備 | トップページ | 築堤、橋梁部分の整備 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 橋梁部の河原を整備 | トップページ | 築堤、橋梁部分の整備 »