« さよなら運転 | トップページ | 廃線の日 »

サウンドボックスで遊ぶ

 以前からKATOのサウンドボックは持っているが、高速時の音が実感的でないのと、コントローラーの相性が良くないので使用していない。
昨日のさよなら運転でサウンドボックスをアンプに接続してバックロードホーンのスピーカーに接続すると低音が出て実感的であることに気づいた。
プリアンプの音質を変化すると若干、ドラフト音が変化する。
 手持ちのフェーズシフタを繋いだが、音が出ない。壊してしまったのか。

もう1台、キットのパラメトリックイコライザーを挟んだら、高音のシュワシュワを消したり、高音を強調できることがわかった。
ドラフトが単調なので、遠くから手前に来るときにイコライザーを変化するとより実感的になる。

ただし特性上、汽笛に変化は期待できない。
C56,C12の音には効果がなかったが、標準の音源カードでは良い結果だと思う。

 

追加
サウンドボックス単体の音声
焦点が固定モードなので鉄橋にあっている。
美唄2号機が築堤を登る

峠を超えたら絶気します。

|

« さよなら運転 | トップページ | 廃線の日 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら運転 | トップページ | 廃線の日 »